エイジングケア施術に関するご質問です

エイジングケア施術に関するご質問

渋谷美容外科クリニックHOME > よくあるご質問 > エイジングケアに関するご質問

スーパーRFの治療手順は?治療当日はメイクをして帰宅できますか?

スーパーRFの治療手順について

最初に洗顔をしていただき、ヘッドの滑りをよくするため、保湿効果もあるオイルをお肌に塗ります。その後、全体的・ポイント的にヘッドを回転させながら高周波を徐々に導入していきます。最後にオイルをホットタオルでふきとり、保湿ジェル・クリームなどでお肌を整えて終了です。所要時間は顔全体で約30分程度です。治療途中からお肌が引き上がって来ていることが分かり始め、終了後は密度の濃い、引き締まったお肌が実感できます。スーパーRFはお肌に負担がありませんので、メイクをしてお帰りいただくことはもちろん可能です。

スーパーRFと他クリニックのフォトやレーザーとの違いは?

スーパーRFの特徴について

当院で行っているスーパーRFは、高周波を放出するヘッドを直接お肌に当てて、ローリングさせながら、数回に分けて高周波を皮膚深層部まで蓄積させていく「積算型高周波治療」と言われています。 施術中、皮膚表面で感じる温度は低く、痛みは全くなく、ほんのりと皮膚の奥にあたたかさを感じる程度ですが、皮膚の深層部では、細胞の引き締めやリフトアップに最も効果的と言われる約80℃近くの温度に達しており、1回の施術でも、驚くほどのリフトアップ・引き締め効果を実感していただくことができます。もちろん術後の腫れなどもなく、直後にメイクをしてお帰りになる事も、お出かけされることも問題ありません。
尚、他院で行っている、サーマクールに代表される、高周波を一度に照射する「照射系」の高周波治療は、麻酔なしでは痛みが強く、赤みと強い腫れ、皮膚の弱い方ですと、ヤケドやかさぶたになる可能性があります。 皮膚が薄く敏感という方にはサーマクールのような照射系の治療は刺激や痛みが強く向いていない場合もありますので、まずは、お肌に負担をかけることなく、高い効果が得られる当院のスーパーRFでの治療をお薦めいたします。 詳細につきましては無料カウンセリングを行っておりますので是非お気軽にご予約ください。

皮膚が弱いのですが、スーパーRFの肌への負担はどれくらい?

スーパーRFの肌への負担について

当院のスーパーRFは、お肌に負担をかけることなく、高い効果を得ることができます。スーパーRFは、高周波を放出するヘッドを直接お肌に当て、ローリングさせながら、数回に分けて弱い高周波を皮膚深層部まで蓄積させ、最終的に高いレベルに達しますので、ほんのりと暖かさを感じる程度で、痛みや施術後の腫れは全くないのに、皮膚深層部ではどんどんコラーゲンが増え、高い引締め効果が得られるため1回でもリフトアップした状態を実感できます。 もちろん直後にメイクをしてお帰りになる事もできますので、施術後おきれいな状態でお出かけすることもできます。

ハッピーリフトの施術後1週間は笑えないと聞いた事があります。本当ですか?

ハッピーリフトの施術後の状態について

ハッピーリフトの施術は、数本の糸を使い、皮膚の中を通して引き上げ処理を行いますので、施術後約一週間程度は、笑うと若干引っ張られるような(引っかかるような)違和感を感じられる方もいらっしゃいますが、決して笑ってはいけないなどの制限はありません。また、このような違和感も、糸が徐々になじんでくると自然になくなります。

ハッピーリフトの施術後の状態はどうなりますか?腫れますか?

ハッピーリフトの施術後の状態について

笑いジワ(法令線)へのハッピーリフト施術の場合は、メスを使わず専用の針を使って口角及び小鼻の横からこめかみより後ろ側(髪の毛の中)にかけて、片方で数本のリフト糸を通していきます。 そのため、糸の入り口として口角及び小鼻の横に1カ所、出口としてこめかみ後ろ(髪の毛の中)に1カ所、ぽつっとした赤く吹き出物のような注射跡のようなものが見えますが、1週間~1ヶ月ほどで消失し、その間はお化粧で隠すことができます。 また、切ることがないので、他のフェイスリフトなどに比べ、非常に腫れが出にくい施術です。ただし、個人差がありますが、糸を通した部分に多少の内出血が現れることがありますが、こちらもお化粧で隠せる程度で、1週間程度で消失します。もちろん、次の日からお仕事をされても全く問題ありません。

ハッピーリフトに副作用などはありませんか?

ハッピーリフトの副作用について

ハッピーリフトの糸は、生分解性ポリマーという、外科手術などの縫合糸として使用されている成分でできており、大変安全性の高い成分の上、8ヶ月~1年程度で溶け、尿や便として体外に排出されますので、副作用性は全くございません。どうぞご安心ください。

ハッピーリフトは、アプトスや金の糸が入っていても受けられますか?

他の施術を受けていた場合のハッピーリフト施術について

ハッピーリフトは、溶けない糸(アプトス・ワプトス・金の糸・ケーブルリフトなど)でのリフトアップ施術を以前受けられた方でも施術が可能です。 ただし、以前うけられた施術の状態によって、まれにハッピーリフトの施術が難しい場合もございますので、詳しくは無料カウンセリングにて診察を受けていただいた方が確実なお返事ができるかと思います。是非お気軽にご予約・ご来院くださいませ。

ハッピーリフトの施術後に、してはいけないことはありますか?

ハッピーリフト施術後の禁忌事項について

ハッピーリフトについては、特に、お仕事や日常生活など、特に禁忌事項はございません。いつもどおりの生活を送っていただけます。強いていえば、施術直後、糸が組織に定着するまでの1ヶ月程度は、強くお肌のマッサージなどをしないように気をつけていただく事くらいです。

ハッピーリフトの施術後は、フォト系やレーザーなどの施術は受けられますか?

ハッピーリフト施術後のフォト系やレーザー施術について

ハッピーリフト施術直後、レーザーや光治療、高周波など、極めて高い温度を与えると、熱変性を起こす(糸が変型する)、また、リフト効果が低下する可能性があります。施術後 1ヶ月はこれらの施術は避ける、その際は、糸を通した部分を外して施術を受けていただく方が宜しいかと思います。 ただし、ピーリングなど、皮膚表面に対しての施術については全く問題ありません。

ハッピーリフトの糸が皮膚から透けて見えたりしませんか?

ハッピーリフトの施術跡について

笑いジワ(法令線)へのハッピーリフト施術の場合は、メスを使わず専用の針を使って口角及び小鼻の横からこめかみより後ろ側(髪の毛の中)にかけて、片方で数本のリフト糸を通していきます。 そのため、糸の入り口として口角及び小鼻の横に1カ所、出口としてこめかみ後ろ(髪の毛の中)に1カ所、ぽつっとした赤く吹き出物のような注射跡のようなものが見えますが、1週間~1ヶ月ほどで消失し、その間はお化粧で隠すことができます。 また、切ることがないので、他のフェイスリフトなどに比べ、非常に腫れが出にくい施術です。ただし、個人差がありますが、糸を通した部分に多少の内出血が現れることがありますが、こちらもお化粧で隠せる程度で1週間ほどで消失します。もちろん、次の日からお仕事をされても全く問題ありません。

ハッピーリフトの効果はどのくらい持続しますか?

ハッピーリフトの効果の持続期間について

年令やたるみの状態などで個人差はありますが、施術後、徐々に糸のまわりにコラーゲンやエラスチンなどが生成されるので、糸が溶けてなくなった後も引き続きリフト効果が保たれますので、最終的には1年~5年程度持続します。

ハッピーリフトとアプトスの違いは?

ハッピーリフトとアプトスの違いについて

ハッピーリフトは、従来のアプトスよりも、リフティング力が25%、張力が 37%もアップしていますので、効果もより高く感じられると思います。 また、ハッピーリフトとアプトスの最大の違いは、ハッピーリフトの糸は従来の外科手術で縫合糸として使用されている「生分解ポリマー」という成分と同じで、約8ヶ月~1年で溶けて、体外に排出されるという性質があります。 ただし、溶けてしまうとリフティング力が無くなってしまう訳ではなく、溶けるまでの期間に、ご自身のコラーゲンなどの繊維組織が糸のまわりに生成されるので、糸が溶けてしまってからも、その組織がこの糸の変わりとなり、効果を保ち続けます。 アプトスのように、お肌の中に糸がずっと残ることに抵抗がある方には、ハッピーリフトは大変お薦めの治療法です。

フォトトリートメントの照射中は痛いですか?

フォトトリートメントの照射中の痛みについて

照射の際には、合間に冷却をしながら行なっていきますので、痛みを感じない方がほとんどです。まれに痛覚の鋭いと思われる方から「輪ゴムで軽くはじかれたような感覚がある」という感想をいただきますが、そういう方でも、麻酔等は全く必要無く治療を終えられお帰りになられますのでご安心ください。

フォトトリートメントで取れたシミは再発しますか?

フォトトリートメント後のシミの再発について

深層部にメラニンが残っている場合、再発する可能性はあります。また、シミが取れた後は、皮膚が新しい赤ちゃんのような状態になるため、無防備にしていますと紫外線の影響をやや受けやすくなるという傾向がありますので、再発の予防と今後の老化防止も兼ねて、日焼止めをしっかり行なっていただく必要があります。

フォトトリートメントの照射後は、かさぶたになりますか?

フォトトリートメントの照射によるカサブタについて

肌質改善や毛穴ケアなどではそういったことはありませんが、色の濃いシミの部分に照射した場合、メラニン色素を浮き上がらせる作用がありますので、一時的に赤みが出て、その後薄いカサブタ状になったり、照射する前よりも色が濃くなったりすることがあります。カサブタは1~2週間程度で自然にとれ、その際にシミもとれたり薄くなることがほとんどです。色が濃くなった場合は、深層部に潜んでいたメラニン色素が一気に表面に浮き上がってきた状態で、「もう一歩」というところですので、あと数回、照射を受けることで取れるか薄くなります。