脂肪を溶かす注射(メソセラピー)はこんな方にオススメです

脂肪を溶かす注射(メソセラピー)の症例フォト

脂肪を溶かす注射(メソセラピー) NO.001 Before:施術前
脂肪を溶かす注射(メソセラピー) NO.001 After:施術後

※症例の掲載にご承諾いただいた写真のみを掲載しています。
掲載以外の症例写真については診察・カウンセリング時にお見せしております。
症例写真は個人情報の厳正な管理、医療広告ガイドライン、ご本人の承諾範囲に伴う提示ルールに則っています。

その他の症例フォト

脂肪を溶かす注射(メソセラピー)

当院では、アミノ酸ベースの注射を使用し、手術を行なうことなく、皮下脂肪を溶かし出して体外に排出する、メソセラピー(脂肪を溶かす注射)を行なっております。今まで難しいとされていた部分ヤセもこの注射で十分に可能です。
アミノ酸は、元来体の中にある成分で、人体には全く無害で安全です。また、脂肪を溶かす仕事を終えると、溶けた脂肪(老廃物)と一緒に尿や便として排出されますのでさらに安心です。

『部分ヤセ』~『広範囲ヤセ』までオールマイティ

今まで、部分ヤセは、脂肪吸引手術以外では難しいとされていましたが、脂肪を溶かす注射は、1カ所10センチ×10センチの範囲単位から脂肪を溶かすことができ、脂肪吸引以外では初めて、短期間で部分ヤセができる治療とされています。「二の腕だけ細くなりたい」「足首だけ細くなりたい」 「太モモとヒップの境い目をはっきりさせたい」などの一見ワガママとも言えるような希望も叶えられます。

逆に、腹部や太腿などの広い範囲にも、注射を数本使用して、脂肪吸引をすることなく、効率良くスリム化していくことが可能です。脂肪吸引に抵抗を感じてる方には最適です。

脂肪を溶かす成分は、人体の成分にも含まれるアミノ酸なので、安全性は極めて高く、もちろん副作用の心配もありません

2~3週間おきに2~5回の注射施行だけ

脂肪を溶かす注射は、1カ所(10cm×10cm)の範囲を1カ所(1セット)とし、脂肪を燃焼させるアミノ酸ベースの注射を細かく注射していきます。施行後はすぐにお帰りになれます。生活制限も全くなく、いつもと変わらず、お仕事やプライベートを過ごせます。

脂肪を溶かす注射の所要時間

1カ所(10cm×10cm)の範囲で約15分程度です。脂肪の付き方などにより、2~3週間の間隔をあけて2~5回の施行が必要になります。

より効果的な併用施術

エンダモロジーは、脂肪の溶け方を均一にし、皮膚表面を滑らかにしたり、柔らかく保つために必ず受けられることをおすすめします。エンダモロジーを取り入れることにより、更に滑らかなボディラインが実現します。2回目以降は、約2週間の間隔をあけて行うことができます。

施術後について

  • 約1週間程度は、注射をした部分の脂肪が溶解されている状態なので、熱感や多少の腫れを伴うことがあります。内出血については、現れた場合1週間程度で消失します。
  • 1週間以後は、ムズムズするようなカユミや痛みが現れることがありますが徐々に治まります。(以上の状態は、注射した場所などにより程度に個人差があります)
  • 日常生活・お仕事ともに普段と変わりなくお過ごし頂けます。
  • ただし、当日のみ、入浴は避け、軽くシャワー程度にしてください。
  • 注射後1週間目より、セルフマッサージやエンダモロジ-が可能です。

脂肪を溶かす注射(メソセラピー)の施術料金

脂肪を溶かす注射(メソセラピー)

診療クリニック渋谷新宿池袋横浜

部位対象 回数/単位 料金(税別)
脂肪を溶かす注射(メソセラピー) 1本
¥ 34,500
脂肪を溶かす注射(メソセラピー)とは
その他の料金一覧 
プランの有効期限は2017/8/31までになります