脱毛&美容カウンセリング通信 | 渋谷美容外科クリニック

ヒアルロン酸注入について教えてください。仕上がりが不自然になりませんか?

HOME > 脱毛&美容カウンセリング通信 > 脱毛&美容カウンセリング通信 vol.08

脱毛&美容カウンセリング通信 vol.08

ヒアルロン酸注入について教えてください。仕上がりが不自然になりませんか?

目元・口元・眉間などの気になるしわを、一瞬のうちに消し去ったり目立たなくするヒアルロン酸注入は、今や美容皮膚科領域の治療の定番となりました。

皮膚注入用のヒアルロン酸が国内に持ち込まれた当初から、その普及に尽力してきた当院としては喜ばしい限りです。

ヒアルロン酸は人体にも存在する天然成分で、以前から眼科や整形外科の治療において用いられてきました。

安全性が高く、アレルギーの心配も非常に少ない事から、皮内テストは不要であり、また、肌質・しわの程度・注入量によって若干の個人差はあるものの、約半年~1年くらい効果が持続する事から、しわ治療の第一選択となる事も多いのではないかと思います。

さて、肝心の仕上がり具合についてですが、ヒアルロン酸は透明なゲル状で、皮膚の真皮レベルに注入するため、思いのほかナチュラルです。

また、顔面の皮膚の質感は部位によって異なるので、ヒアルロン酸製剤にも粒子の細かいものから大きいものまで4種類以上のバリエーションがあり、用途や目的に応じて使い分けを行います。そのおかげで、目元のちりめんジワのような細かいシワ、クマの凹み、額や眉間のはっきりとしたシワ、鼻唇溝、鼻や顎の形成など広くカバーする事が可能です。

その反面、仕上がりには術者のセンスや腕前が色濃く反映する治療法と言えるでしょう。

また、良い状態をキープするには、効果が薄れてきた頃を見計らって再注入する必要があります。

バックナンバー一覧