脱毛&美容カウンセリング通信 | 渋谷美容外科クリニック

脂性肌の人はどうして顔が赤くなるのですか?

HOME > 脱毛&美容カウンセリング通信 > 脱毛&美容カウンセリング通信 vol.10

脱毛&美容カウンセリング通信 vol.10

脂性肌の人はどうして顔が赤くなるのですか?

脂性肌(オイリースキン)と言えば、特に夏はべたつき・てかり・毛穴の開き・にきび、と悩みは尽きませんね。

でも一番気になっているのは「赤ら顔のような肌の赤み」という方も少なくないようです。

これは、過剰に分泌される皮脂が紫外線により過酸化脂質に変化し、有害化して肌に軽い炎症を起こしている可能性が考えられていて、皮膚科用語では"脂漏"と呼ばれています。

予防や改善のためには、まず正しい洗顔により皮脂汚れを洗い落とす事が一番ですが、洗い過ぎると肌の皮脂と水分バランスを崩し、バリア機能が低下してしまうので注意してください。

高濃度のビタミンCローションは、皮脂の分泌を抑えるのに効果的です。

当院では、ケミカルピーリングと赤い色素に吸収されるVビームレーザーによるコンビネーション治療で成果を上げています。


バックナンバー一覧