脱毛&美容カウンセリング通信 | 渋谷美容外科クリニック

セルライトの正体はなんですか?

HOME > 脱毛&美容カウンセリング通信 > 脱毛&美容カウンセリング通信 vol.13

脱毛&美容カウンセリング通信 vol.13

セルライトの正体はなんですか?

太腿のお肉を親指と人差し指で思いっきり摘んでみてください。

ロール上になった皮膚の表面がオレンジの皮のようにボコボコしていたら、それがセルライトです。

欧米ではオレンジピールスキンと呼ばれ、美容上問題とされています。

セルライトは、太っている人だけでなく痩せている人にも存在します。お尻や太腿に出来やすく、特に冷え性の人やむくみやすい人に起こりやすいと言われています。

原因は、皮膚の血行不良やリンパドレナージ(排出)の停滞によるものです。

皮下の脂肪細胞が毛細血管やリンパ管から遠ざかり、脂肪細胞同士が老廃物やコラーゲンによって周りを固められ、特殊な脂肪の塊となったものが、セルライトの正体です。

実際、セルライト部分の皮膚温は低く、肌はかさついています。

さらに厄介なことに、セルライトは周りの脂肪組織を圧迫して血行を妨げ増大してゆきます。このような状態になると、通常のダイエットやエクササイズでは改善する事が出来ません。いわゆる下半身太りの原因となります。

セルライトを無くす方法としては、体を冷やさないよう心がけたり、血行を良くするためのマッサージをなどが挙げられますが、もっと積極的に解消する新しい方法としてメソセラピーやカーボメッドなどが注目されています。


バックナンバー一覧