脱毛&美容カウンセリング通信 | 渋谷美容外科クリニック

夏の猛暑のせいか、例年になくお肌がボロボロになっています。どうしたらいいですか?

HOME > 脱毛&美容カウンセリング通信 > 脱毛&美容カウンセリング通信 vol.24

脱毛&美容カウンセリング通信 vol.24

夏の猛暑のせいか、例年になくお肌がボロボロになっています。どうしたらいいですか?

夏の強い紫外線を浴びたお肌にあらわれるのは、まず日焼けです。

そして、日焼けがある程度おさまってくると、秋の訪れとともに、お肌の乾燥や毛穴の開きが気になってきます。

その状態のままケアをしないと、やがて小ジワやシミとなり、お肌は老化してしまいます。

お肌は、毎年夏に歳を重ねるといっても過言ではないのです。

もうお分かりかと思いますが、肌ダメージを最小限にするには、このマイナスのプロセスをいかに早い段階で食い止められるかどうかが、ポイントとなります。

まずは日焼けをしないようUVケアをするのが理想ですが、もし日焼けをしてしまっても、決して投げやりにならずに保湿とホワイトニングケアを始めましょう。同時に厚くなってメラニンが沈着した角質をオフするケアも忘れずに!

小ジワやシミが目立ってきたら、光治療やレーザー治療が必要となります。

先手必勝で、夏の肌を老けさせないよう頑張りましょう!

どうぞお気軽にご相談ください。

バックナンバー一覧