脱毛&美容カウンセリング通信 | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

赤ら顔で長年悩んでいます。いい治療法はありますか?

渋谷美容外科クリニックHOME > 脱毛&美容カウンセリング通信 > 脱毛&美容カウンセリング通信 vol.38

脱毛&美容カウンセリング通信 vol.38

赤ら顔で長年悩んでいます。いい治療法はありますか?

赤ら顔と一言でいっても、その原因は様々です。

ここではおおまかに2つに分類して説明したいと思います。

1つ目は、子供の頃から"りんごほっぺ"でしたという人に多い、皮膚の毛細血管の拡張や増殖によるものです。

家族性にみられることもあり、寒暖の温度差、緊張などの心理的動揺で顕著になります。

ほてり感を伴うこともあります。

2つ目は、オイリースキン特有の脂漏といわれる症状でみられる肌の赤みです。

これは厳密には、本来の赤ら顔とは少し外れますが、実際には赤ら顔として受診される方は少なくありません。

毛穴の開き、皮脂過剰、ニキビ、皮膚炎などを伴います。

いずれの場合も、当院での治療はVビームレーザー照射による皮膚の毛細血管の破壊を行います。

必要な治療回数は症状により個人差がありますが、3~5回程度の照射でかなりの改善がみられます。

また、脂漏を伴う場合はケミカルピーリングビタミンCイオン導入なども並行します。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

バックナンバー一覧