赤ら顔 | 渋谷美容外科クリニック

赤ら顔垢ぬけない印象のりんごのような赤い顔…。頬の血管の過剰な赤みからまずは治療します。

渋谷美容外科クリニックHOME > 悩みから探す > 赤ら顔

赤ら顔とは、毛細血管が拡張して頬などの表皮から透け、持続的に顔に赤みを与えてしまう状態をいいます。
まずは頬や鼻、額などがほんのりと赤らみます。この赤みは、一過性のものですが、そのうち消えずに残るようになります。また治療せずに放っておくと悪化して見た目も悪くなってしまいます。
寒冷地では顔面の皮膚が、急激な外気による冷却と室内での加温を繰り返し受けることから “リンゴ頬”状態となりますが、これにアルコールや香辛料などの促進因子が加わり「酒(しゅ)さ」と呼ばれ、30~40代に多く見られます。

フォトフェイシャル(IPL) Before:施術前
フォトフェイシャル(IPL) After:施術後

こんな方にオススメします

  • 頬がりんごみたいと言われる
  • 接客などで必要以上に緊張する
  • 昼間からお酒を飲んでいるみたい
  • 顔が赤くてメイクが上手にできない
  • 毛細血管拡張症状がある
  • 頬や鼻に血管が赤く浮き出ている

当院の赤ら顔治療の特徴

最新式の医療レーザーであるVビームや、肌の奥からコラーゲン生成を促して赤ら顔を改善するジェントルヤグなど、肌そのものに働きかけて生まれ変わらせる施術をご用意しました。
それぞれ血中のヘモグロビン色素に反応して余分な血管を縮小させ、今まで治療が難しいとされていた肌の赤みを目立なくする事ができます。
月に1度、1~6回の治療が目安ですが、気になる部位をピンポイントに処置することもできます。また、オイリースキン特有の過剰な皮脂分泌や赤みも軽減します。

日常生活の間違いが赤ら顔を招く

ゴシゴシと肌を擦ってしまう間違った洗顔や、指に力を入れ過ぎるマッサージ、スキンケアなど外的刺激によっても赤ら顔を招くことがあります。
また、アルコール・香辛料などの刺激の強い飲食や仕事でのストレスなどにも十分注意してください。

赤ら顔の効果的な治療法

  • Vビーム(赤ニキビレーザー)

    Vビーム(赤ニキビレーザー)

    治らなかったニキビもあきらめないで!短期間での治療を可能にしたパルスダイレーザー

    症例フォト公開中
    Vビーム(赤ニキビレーザー)とは
  • ジェントルヤグ

    ジェントルヤグ

    余分な血管を縮小させ、今まで治療が難しいと言われる赤みを目立なくする事ができます

    症例フォト公開中
    ジェントルヤグとは
  • フォトフェイシャル(IPL)

    フォトフェイシャル(IPL)

    様々な波長の光を出すことで、一度にシミやシワなど異なる症状の治療が可能です

    症例フォト公開中
    フォトフェイシャルとは