Iライン脱毛とは?範囲や痛みなど後悔しない為にIライン脱毛の知識を解説 | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

Iライン脱毛とは?範囲や痛みなど後悔しない為にIライン脱毛の知識を解説

渋谷美容外科クリニックHOME > コラム一覧 > Iライン脱毛とは?範囲や痛みなど後悔しない為にIライン脱毛の知識を解説

脱毛箇所として注目を集めているIライン。デリケートゾーンの脱毛は気になるけど、Iラインってどの範囲を指すのかイマイチわからないし、不安があるという方も多いのでは?今回はIライン脱毛で後悔しないためのポイントや、施術方法をご紹介します。はずかしさ、セルフケア、そして注意点など聞きづらいポイントも詳しく解説します。

Iライン脱毛はどこまでの範囲を指すのか?

Iラインとは

陰部の両側の部分を指します。さらに詳しくいうと、女性器の始まるところから肛門までの縦ラインを指します。自分からはなかなか見えない個所ですが、脱毛をすることで毛によるかゆみやムレなど衛生面での悩みを解決して、日常生活を過ごしやすくできます。

Iライン脱毛の範囲

Iラインの脱毛をするときには、女性器の両サイドからOラインと呼ばれる肛門の周囲にかけてレーザーを当てていきます。女性用ショーツに置き換えると、女性器と下着が触れる部分、つまり、クロッチ部分に当たります。Oラインを除いて、実際にショーツを履いた時に覆われる部分がIラインです。

クリニック、サロンによってIラインの範囲が若干異なるため、施術前のカウンセリングなどで確認すると良いでしょう。

Iライン脱毛は粘膜まで可能?

サロンに限定していえば、粘膜の脱毛は行っていないのが基本。理由としては、粘膜部分は色素沈着が強く、痛みが強く出てしまうことがあるからです。とはいえ、クリニックで医療脱毛を行う際には「粘膜ギリギリまでの施術はOK」というところがほとんどです。

Iラインの粘膜まで脱毛したい場合には?

「せっかくIラインがキレイになったのに粘膜の毛だけが残ってしまうのは、ちょっと・・・」と心配になってしまう方もいらっしゃると思います。その場合には一部の医療クリニックで小陰唇の内側・粘膜部分の脱毛を行っているので検討してみましょう。自分が脱毛したいIラインの範囲に合わせて、施術クリニックを選ぶことが後悔しないポイントの一つです。

Iラインの毛を残す場合と残さない場合の違い

Iラインは毛を一切残さずツルツルにするのか、少量残すかで日常生活での快適さや印象が変わります。そこで、Iラインの脱毛範囲のメリットとデメリットをご紹介します。最終的な仕上がりで陰部が見えないように仕上げたい場合は、Iライン、Vラインの長さをスタッフと一緒に相談しましょう。

メリット デメリット
毛を全て脱毛した場合 ・ニオイやムレの不快感が軽減する
・ムダ毛の刺激によるかゆみが改善する
・清潔に保てる(おりもの、経血の付着がないため)
・正面からみたとき、陰部が隠れない
・トイレで尿が飛び散りやすく感じる場合がある
・再び毛を増やしたいと思っても、戻すことが難しい
毛を少し残した場合 ・自然な仕上がりになる
・陰部が見えないようにすることができる
・毛を全て脱毛したときのような、すっきり感、快適さはない

Iラインの毛がなくなるもしくは少なくなることで、おりものによる不快感やかゆみが改善されます。さらに生理のときには誰もが悩むムレ感も解消され、日常的に感じるストレスが軽減されるでしょう。

Iラインをツルツルの状態にしたい!と考えている方はこの機会にデメリットを考えておくこともおすすめします。特に完全に脱毛をしてしまうと元に戻すのが難しいので慎重に決めましょう。

どうしても迷ってしまう方はクリニックのスタッフに質問をして、意見を集めてみるのも良い判断基準になります。

Iライン脱毛は恥ずかしい?施術の方法

「施術のとき、陰部が見えてしまうのは恥ずかしい」という理由でなかなかIライン脱毛に踏み出せない方は、実はたくさんいらっしゃいます。

しかしIライン脱毛の際には、局部が全て見えてしまうことは基本的にありません。実際の施術は着替えの紙ショーツをずらしながら行います。施術を受けるお客様の恥ずかしさを軽減するためにも、陰部の左右、片方ずつ行うのがスタンダード。だから、リラックスしてスタッフに任せて大丈夫です。

施術方法は医療クリニック、脱毛サロンで異なることがあるので気になる場合は直接お問い合わせください。

おすすめプラン

Iライン脱毛の疑問・注意点

Iラインの施術を受ける前の素朴な疑問や意識しておきたい注意点をお教えします。初めてIライン脱毛をされる方のために、自宅での自己処理方法や気になる痛み、また生理中に脱毛はしてくれるのかどうかについても触れています。

Iライン脱毛の自己処理はすべき?どのように行うの?

施術を受けるクリニック、サロンで異なります。多くの場合はカミソリなどで自己処理をしてから施術を行うことになります。ここで注意したいポイントが一つ。Iラインは体の中でも特にデリケートなエリアですので、自己処理が必要な場合には皮膚を傷つけないように気を付けてください。

渋クリではスタッフがムダ毛処理を無料で対応しています。セルフケアが不安な場合は処理対応可能なクリニック、サロンを選べば安心です。

Iライン脱毛は痛いの?

個人差はありますが、痛みを感じやすい部分ではあります。デリケートゾーン周辺は以下のような特徴がみられます。

・毛根が深い
・皮膚が薄い
・色素沈着がしやすく、真っ白ではない

レーザー脱毛は「黒い物」に反応します。黒い毛根を破壊し、毛を処理するため上記の3つの理由からどうしても痛みが出てしまいがちです。

照射の刺激のせいで施術がスムーズにできるのか心配な場合には、麻酔(麻酔クリーム)を使用することも可能ですが、医療脱毛限定のサービスです。さらに医療クリニックでは、デリケートゾーンの脱毛によるトラブルにも対応してくれるので安心して脱毛に専念できます。

生理中のIライン脱毛はできる?

基本的には生理中の脱毛はできないことが多いです。生理中は肌が特に敏感なため、痛みが響きやすい傾向にあります。また施術中、経血が施術台などに付着してしまうと感染症のリスクが高まるため生理中の施術は控えたほうが良いでしょう。

ただし、施設によっては「タンポンを使用すれば施術可能」な場合もあるので、直接確認を取ることをおすすめします。

Iライン脱毛をして、より快適な生活を楽しみましょう!

Iライン脱毛は記事内で取り上げたポイントを意識すれば、後悔しない脱毛が実現できます。最初は誰もが気にしてしまう施術中の恥ずかしさや痛みの面でも、施術施設ごとに考え抜かれた対応を行っています。そのため、ナーバスにならずリラックスした気持ちで受診して大丈夫です。特に医療クリニックであれば施術中の麻酔・アフターケアの対応もあるので、より安心して通うことができますよ。

気になるクリニック・医療脱毛施設があったら、まずは電話での相談やカウンセリングを試してみましょう!

渋谷美容外科クリニックのご紹介

渋谷院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

渋谷院  院長

中島 透 医師

1997年 千葉大学医学部卒業
1998年 東京厚生年金病院麻酔科臨床研修医
1999年 千葉県救急医療センター集中治療科勤務
2000年 千葉大学医学部付属病院形成外科勤務
2004年 君津中央病院形成外科勤務
2005年 千葉大学大学院修了 医学博士号取得
2006年 千葉労災病院形成外科医長
2008年 渋谷美容外科クリニック立川院 院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック渋谷院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
  • 日本法医学会会員
渋谷院地図
住所
東京都渋谷区渋谷1-14-9
藤和宮益坂ビル8・9F
渋谷駅東口徒歩1分
診療時間
月・木・金(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・水
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新宿院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新宿院  院長

野口 道男 医師

1993年 埼玉医科大学卒業
1993年 埼玉医科大学総合医療センター形成外科学入局
1995年 神奈川美容外科クリニック
1998年 好生堂クリニック開業
2014年 渋谷美容外科クリニック新宿院 院長就任
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本マイクロサージェリー学会
新宿院地図
住所
東京都新宿区新宿3-23-1
都里一ビル2F
新宿駅東口徒歩1分
診療時間
月・水(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・木・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

池袋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

池袋院  院長

峯岸 季清 医師

2003年 日本大学医学部医学科卒業
2003年 日本大学医学部付属病院麻酔科入局
2005年 昭和大学病院形成外科入局昭和大学病院関連病院に勤務
2013年 渋谷美容外科クリニック横浜院 副院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック池袋院 院長就任
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本創傷外科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
池袋院地図
住所
東京都豊島区南池袋2-27-8
南水ビル7F
池袋駅東口徒歩3分
診療時間
月・火・水・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
木(すべて祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

横浜院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

横浜院  院長

松田 秀則 医師

1989年 香川医科大学医学部卒業
1993年 国際形成外科学会賞受賞
(端側神経縫合による神経再生に関する研究)
2003年 久保田潤一郎クリニック
2007年 日本美容外科学会 特別賞受賞
(PRP注入による顔面老化皮膚再生の可能性)
2009年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
2016年 渋谷美容外科クリニック横浜院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 国際形成外科学会会員
  • NPO法人 日本アンチエイジング医療協会理事
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
横浜院地図
住所
神奈川県横浜市西区南幸2-11-1
横浜MSビル7F
横浜駅みなみ西口徒歩4分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新橋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新橋院  院長

楊 美優 医師

2014年 秋田大学医学部医学科卒業
2014年 大学病院形成外科院 勤務
2017年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
  •  
新橋院地図
住所
東京都港区新橋2-18-9
第3光和ビル4F(くすりの福太郎内)
新橋駅銀座口徒歩0分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

最新記事

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには、日本形成外科学会 形成外科専門医、麻酔科標榜医、
日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本美容外科学会、
国際形成外科学会会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医等が
在籍しており、監修のもと運営を行っております。