Vライン脱毛とは?Vライン脱毛の範囲や形、恥ずかしさの有無などを解説! | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

Vライン脱毛とは?Vライン脱毛の範囲や形、恥ずかしさの有無などを解説!

渋谷美容外科クリニックHOME > コラム一覧 > Vライン脱毛とは?Vライン脱毛の範囲や形、恥ずかしさの有無などを解説!

Vライン脱毛とはどこまでの範囲を指すかご存知でしょうか?Vライン脱毛を行う上での基礎知識、気になる形やデザイン、自己処理についてもご紹介します。また、女性にとってよく耳にするVライン脱毛は恥ずかしいのでは?という疑問についても、実際の施術を踏まえ解説します。

Vライン脱毛とはどこまでの範囲?

Vラインとは?

Vラインとは「両足の付け根の部分」です。形がV字に見えることからVラインと呼ばれます。別名には「ビキニライン」というものもあり、下着や水着からはみ出す部分を指します。女性にとって人気の高い「Vライン脱毛」。自分の好みに合わせて脱毛することで、よりお洒落の幅を広げることができます。

Vライン脱毛はどこまでの範囲を脱毛できるのか?

Vライン脱毛の範囲は施術するクリニック、脱毛サロンで異なります。一般的に多いのは下腹部のアンダーヘアの生えている範囲です。ただし、サロンによっては股先のわずかな部分やYラインを指す場合など、希望する範囲とは異なる可能性があります。

理想のVラインを叶えるためにも、施術を受ける前に、クリニック・サロンの「Vライン脱毛の範囲」を確認しましょう。

Vライン脱毛でできる形・毛量調節

Vライン脱毛といっても、様々な形やデザインがあります。実際のところどのような形にすればいいのか悩んでしまう人も多いかもしれません。そこで今回は、人気のVライン脱毛の形・デザインを紹介します。また、形やデザインだけでなく、気になる毛量を減らし、毛質調整もできるのかといった疑問も解決しましょう。

形・デザイン

逆三角形 本来の形をキープしつつ自然に整えた形です。1番ナチュラルなので、初めての方や万人受けするデザインにしたい方におすすめです。
ハイジニーナ 無毛型で全ての毛を脱毛するやり方です。どんな下着や水着も堂々と楽しみたいという方におすすめです。また生理時のかぶれや不快感などの軽減にもなります。
オーバル・扇形 細長い丸い形や、扇のような形です。ナチュラルだけど、見た目をしっかりと整えたい、形を綺麗に見せたいという方におすすめです。
I型 細長い四角形の形です。縦長の形にしたい方、無毛には抵抗があるのでほんの少しだけ毛を残したいという方におすすめです。
その他 オリジナルでハートなど好みの形にもできます。個性的な形にしたい方や、アンダーヘアもオシャレな形にしたいという方におすすめです。

毛量・毛質調節

Vラインは形やデザインだけでなく、毛量や毛質の改善も可能です。毛を残す予定の部分も、最初の数回施術を行うことで、毛量を減らすことができ、毛を柔らかくする効果があります。

しかし必要な脱毛回数は個人差があるため、クリニックやサロンで相談しましょう。「剛毛で悩んでいる」、「毛質が堅くて悩んでいる」という方であれば、Vライン脱毛を行うことをおすすめします。最初にVラインの全ての毛を脱毛したとしても、いきなり毛が生えてこなくなるということはありません。回数を重ね、少しずつ毛量が減っていき、毛質が柔らかくなるなど、効果を得ることができます。

Vライン脱毛は恥ずかしい?施術の様子とは

クリニックでは、「Vライン脱毛時に他人に見られて恥ずかしいのでは?」という不安を減らすために、デリケートゾーンならではの工夫がされています。具体的な対策としては、紙ショーツやガウンの着用です。施術中は紙ショーツやガウンをずらしながら、レーザーを照射するので、デリケートな部分に最大限配慮して施術が行われます。

Vライン脱毛はデリケートな部分、綺麗にしたいけれど恥ずかしいからなかなか踏みだせない、という方も多いかもしれません。しかし、女性の方が安心してVライン脱毛を受けられる配慮がなされています。

おすすめプラン

Vライン脱毛の疑問・注意点

Vライン脱毛時の自宅での自己処理はどうすればいいのか?Vライン脱毛は痛い?生理中の脱毛は可能なのか?といった疑問にお答えしていきます。

Vライン脱毛の自己処理はどのように行う?

自己処理の方法は、希望するVラインの形やデザインで変わります。「形を整えたい」場合、残したい部分以外は全て剃ります。「毛を無くしたい」「毛量を調節したい」場合、必要に応じて全て剃ります。また剃る際の注意点として、毛を根元から抜くと、しばらく脱毛が行えなくなってしまうので、毛抜きは使用しない様にしてください。

きれいな形に剃るのは難しい場合にはガイドアイテムの使用がおすすめです。ガイドアイテムとは、アンダーヘア用のスタイル型シートで、そのテンプレートの形に沿って綺麗に剃ることができます。

また、クリニック・サロンによっては、無料でシェービングを行っています。渋クリでも施術前に無料で対応しています。自分では剃りにくい部分でも、スタッフの方に脱毛範囲や脱毛効果が得られる最適な手法でシェービングをすることができます。

Vライン脱毛は痛い?

デリケートな部分であるため、他の部分より痛みを感じる場合があります。理由としては、皮膚が薄く敏感な部分なので、痛みを感じやすいからです。また色素沈着していると、メラニンが多くレーザーが反応しやすくなります。

しかし、Vラインはデリケートゾーンの中でも比較的痛みが弱い部分です。もし、痛みが気になるようであれば「麻酔クリーム」等で対策すれば、痛みも軽減できます。渋クリでも表面麻酔対応を行っているので、痛みが気になる際にはご相談ください。

また、自宅でもできるセルフケアとして、日頃からデリケートゾーン用のクリームを塗るなど乾燥しないように気をつけることで痛みも軽減できます。

生理中の脱毛は可能?

クリニック・サロンによって対応が異なります。衛生上の理由で生理中の脱毛をお断りするクリニック・サロンもありますが、タンポンなどの使用で施術可能なクリニック・サロンもあります。

ただし、生理中に施術を行うのであれば、生理中はホルモンバランスが崩れ、肌が敏感かつ痛みを感じやすくなるので注意が必要です。

生理不順や痛みに弱い場合は、自分の体に合わせた施術プランを考えましょう。

Vライン脱毛を検討中の方はまずはご相談ください!

Vライン脱毛の基礎知識をご紹介しました。どのようなアンダーヘアの形やデザインが可能なのか、毛量や毛質が気になるという方は、まずは一度クリニックにご相談ください。痛みや生理期間の施術が心配な場合もお気軽にお問い合わせいただければと思います。

Vラインはデリケートな部分、躊躇してしまう方も多いと思いますが、ご紹介したように女性の恥ずかしさが減る工夫をしているクリニックがほとんどです。Vライン脱毛を検討されているのであれば、1人で悩まずに、一度カウンセリングに行かれてみるのもオススメです。

一歩踏み出しVライン脱毛を行うことで、ムダ毛を気にせず好きな水着や下着を堂々と身に着けることができます。また生理時の不快感が減るなどメリットがたくさんあります。Vライン脱毛で、思いっきりオシャレや生活を楽しみましょう。

渋谷美容外科クリニックのご紹介

渋谷院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

渋谷院  院長

中島 透 医師

1997年 千葉大学医学部卒業
1998年 東京厚生年金病院麻酔科臨床研修医
1999年 千葉県救急医療センター集中治療科勤務
2000年 千葉大学医学部付属病院形成外科勤務
2004年 君津中央病院形成外科勤務
2005年 千葉大学大学院修了 医学博士号取得
2006年 千葉労災病院形成外科医長
2008年 渋谷美容外科クリニック立川院 院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック渋谷院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
  • 日本法医学会会員
渋谷院地図
住所
東京都渋谷区渋谷1-14-9
藤和宮益坂ビル8・9F
渋谷駅東口徒歩1分
診療時間
月・木・金(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・水
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新宿院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新宿院  院長

野口 道男 医師

1993年 埼玉医科大学卒業
1993年 埼玉医科大学総合医療センター形成外科学入局
1995年 神奈川美容外科クリニック
1998年 好生堂クリニック開業
2014年 渋谷美容外科クリニック新宿院 院長就任
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本マイクロサージェリー学会
新宿院地図
住所
東京都新宿区新宿3-23-1
都里一ビル2F
新宿駅東口徒歩1分
診療時間
月・水(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・木・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

池袋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

池袋院  院長

峯岸 季清 医師

2003年 日本大学医学部医学科卒業
2003年 日本大学医学部付属病院麻酔科入局
2005年 昭和大学病院形成外科入局昭和大学病院関連病院に勤務
2013年 渋谷美容外科クリニック横浜院 副院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック池袋院 院長就任
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本創傷外科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
池袋院地図
住所
東京都豊島区南池袋2-27-8
南水ビル7F
池袋駅東口徒歩3分
診療時間
月・火・水・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
木(すべて祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

横浜院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

横浜院  院長

松田 秀則 医師

1989年 香川医科大学医学部卒業
1993年 国際形成外科学会賞受賞
(端側神経縫合による神経再生に関する研究)
2003年 久保田潤一郎クリニック
2007年 日本美容外科学会 特別賞受賞
(PRP注入による顔面老化皮膚再生の可能性)
2009年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
2016年 渋谷美容外科クリニック横浜院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 国際形成外科学会会員
  • NPO法人 日本アンチエイジング医療協会理事
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
横浜院地図
住所
神奈川県横浜市西区南幸2-11-1
横浜MSビル7F
横浜駅みなみ西口徒歩4分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新橋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新橋院  院長

楊 美優 医師

2014年 秋田大学医学部医学科卒業
2014年 大学病院形成外科院 勤務
2017年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
  •  
新橋院地図
住所
東京都港区新橋2-18-9
第3光和ビル4F(くすりの福太郎内)
新橋駅銀座口徒歩0分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

最新記事

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには、日本形成外科学会 形成外科専門医、麻酔科標榜医、
日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本美容外科学会、
国際形成外科学会会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医等が
在籍しており、監修のもと運営を行っております。