ドクター紹介 | 渋谷美容外科クリニック

ドクター紹介渋谷美容外科クリニックのドクターは、専門性の高い形成外科専門医で構成されています。

HOME > ドクター紹介

当院の理念

渋谷美容外科クリニックでは「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」という、皆様の希望にお応えできるよう安全で信頼性の高い治療をご提供致します。
エイジングケアやしわ治療、医療レーザー脱毛、メディカルダイエットなど、それぞれのお悩みにお応えいたします。

患者様がキレイになって笑顔を見せてくださることが、私たちの喜びです。
私たちは、キレイになりたいすべての方を応援しています。

渋谷美容外科クリニックのドクターは
専門性の高い形成外科専門医で構成されています

先進の医学的見地からキレイにアプローチする美容外科

「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」。多くの方が、そう願うのではないでしょうか。現在は、それを叶える方法がたくさんあります。コスメやエステもそのひとつ。そして、医学的見地からキレイにアプローチするのが、私たち美容外科です。

手術で劇的に外見を変化させる方法もあれば、効果は限定的ですが、注射ひとつでシワを消したり、顔の造作を変えることも。もっと手軽に美容医療を取り入れたいという方には、レーザーや光といった医療機器を使って、リラクゼーションしながらキレイになる方法もあります。美容医療の世界は、日進月歩。キレイになるための選択肢は、これからも広がり続けることでしょう。

ただ、いずれの医学的アプローチも、形成外科の知識と技術が必要不可欠であることを忘れるわけにはいきません。

美容外科は、形成外科の一分野

形成外科とは、生まれつきもしくは事故などによって、身体に生じた異常や変形、欠損を、特殊な技術を駆使して、機能的にも形態的にも回復させる外科系の診療科です。QOL(Quality of Life=生活の質)の向上に貢献することを旨としています。
⇒日本形成外科学会『形成外科』とは?

美容外科は、この形成外科の一分野。つまり美容外科医は、形成外科の知識と技術を習得していることが大前提なのです。ところが今の日本では、医師免許を持っていれば、誰でも美容外科を標榜できます。ここに、美容医療の現場でトラブルが起こる原因の多くがあります。

一般の形成外科医とは一線を画す形成外科“専門医”

形成外科医の中でも、2年間の初期臨床研修(一般的に「研修医」と呼ばれる期間)終了後、形成外科領域すべてに関して4年以上の専門医研修を修め、資格試験に合格した医師だけが、日本形成外科学会から「形成外科専門医」として認定されます。
「形成外科医として、豊富な知識と高度な技術を持っていると“保証”される」と言ってもいいでしょう。
⇒日本形成外科学会『形成外科専門医』とは?

渋谷美容外科クリニックのドクターは、日本形成外科学会認定の形成外科専門医で構成されています。美容医療に携わる前に、長年、大学病院などで形成外科医として技術の研鑽を積み、さらに美容医療の付加価値となる感性や美的センスを徹底して磨いてきました。
私たちは「患者様のご希望を明確に形にする」ことをゴールとし、それを実現する知識と技術があると自負しています。

徹底してデザインにこだわります

形成外科専門医
麻酔科標榜医

池袋院 院長  峯岸 季清

小さな頃から物作りが大好きで、「キレイに作る」ことに関心の高かった私は、医学部生のときから、将来の進路は「医療でキレイを作る」美容外科を希望していました。

その夢を叶えるべく、大学卒業後まず入局したのが、麻酔科です。麻酔をかけることと、呼吸や心臓の状態など、手術中の患者様の全身管理を行うことが麻酔科の領域なのですが、その知識と技術は、美容外科医にとっても必要不可欠なことだと考えたからです。

その後、形成外科に入局し、8年の間、全国の大学関連病院に勤務しながら、実にさまざまな症例に携わってきました。形成外科医は、徹底してデザインにこだわるものです。カンファレンスでまず話し合うのも、デザイン。そうした環境の中で私自身もデザインにこだわり、頭の中のイメージを現実のものにすべく、桁外れの練習量をこなして技術を研鑽してきました。

こうして形成外科で身につけた技術を、今は全力で美容医療に投じています。

「正直」に医学的に正しい治療を行います

形成外科専門医
渋谷院 院長  中島 透

形成外科の基本は、「機能と形態を回復させること」です。さらに美容外科においては、「形態の回復」にとどまらず、「形態を美しくする」ことが必要となります。

美容外科での治療によって、一見美しいように見えても本来の機能が損なわれていたり、正常な形態から大きく逸脱していては、形成外科を基本とする正しい治療が行われているとは言えません。

私は、皆様のご希望や治療目的を十分に理解するよう努めた上で、形成外科の観点から有効で必要な治療を行うことを心がけています。たとえご希望であっても、お顔立ちや体全体のバランスに合わない治療、機能面を損なう恐れのある治療、効果の期待できない治療はお勧めしません。

また、医療には必ず一定のリスクが存在し、それは美容外科も例外ではありません。全身管理を含む広範な領域を診療対象とする形成外科を専門に修得している形成外科専門医であれば、適切な対応が可能です。

皆様のご希望に正しい治療でお応えできるよう、「正直」に日々の診療に当たらせていただきます。

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

渋谷院 副院長
野口 なつ美