医療機関だけのPRP育毛療法

症例モニター募集

こんなお悩みございませんか?

薄毛・脱毛症の主な種類

女性の薄毛・脱毛症の主な種類

円形脱毛症

部分的に毛が突然抜けはじめ、気が付くと円形の脱毛斑が生じているという症状です。
頭髪の脱毛として生じることが多くあります。男性だけではなく、女性も発症することがあります。

びまん性脱毛症

中年以降の女性によく見られ、頭の広い範囲に均等に起こり、全体の毛が抜けて薄くなります。特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。
毛が成長することを休んでしまう休止期毛の割合が多くなり、その結果抜け毛が増えることで脱毛症が進みます。

分娩後脱毛症(産後の薄毛)

妊娠中や出産後に一時的(出産後6ヶ月~1年程度)に、髪が抜けることがあります。
産後半年~1年ほどで自然に症状が治まりますが、人によっては抜け毛が長引き、薄毛に発展してしまう症状です。

男性の薄毛・脱毛症の主な種類

AGA(男性型脱毛症)

AGAは30代~40代以降の男性に起こる脱毛症で、現在では10人に1人の男性がこの症状に悩まされているといわれています。
「男性ホルモン」の過剰な分泌がその原因であり、頭頂部と額の生えぎわなどの部位から薄毛・抜毛が起こることが特徴です。

     

    渋クリのPRP育毛療法で解決!

    お一人おひとりの髪の悩みに経験豊富な医師がお応えいたします。
    お気軽にご相談・お問い合わせください。

PRP育毛療法のポイント

薄毛・抜毛の悩みを解消!医療の力で頭皮から髪を活性化

PRP育毛療法について

「PRP (Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)育毛療法」とは、ご自身の血液中にある血小板の働きを利用して、育毛を促進させる再生美容治療法のことです。

従来の脱毛症の治療とは異なる作用機序となるため、PRP育毛治療法は世界中で多くの研究者が有効性を報告し、新しい再生医療の分野としても注目されています。

現在、PRP治療法は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、再生医療等委員会での審査の上、厚生労働省の認可を得て提供されています。

そもそもPRPとは

PRPとは、血液中にある血小板の濃度を、濃縮して作成した高濃度の血小板のことを指します。PRP育毛治療法では、PRP(高濃度の血小板)を含む血漿を直接頭皮に注入することで、頭皮部分の組織を再生。発育不全の毛根に対し育毛を促進させる治療法です。

血小板には、「細胞の再生を促進する成分」が多く含まれています。この血小板の成長因子の働きを利用することで、弱った毛根を活性化して、本来の発毛・育毛力を取り戻すことが期待できるのです。

渋クリのPRP育毛療法が選ばれる理由

副作用の可能性が低く、安全性が高い!

PRP育毛治療法は、ご自身の血液から精製した成分を用いた治療法のため、その他治療方法とは一線を画します。外部から栄養分を与える、または人工物を植える方法とは異なり、それらに起因する感染やアレルギーの心配がないので安全性が高いといえます。

持続性があり、効果が長持ち!

PRPの育毛治療では、細胞自身を活性化させることで、頭皮自体が健康な皮膚に生まれ変わるため、治療効果の持続時間が長いというメリットがあります。長期的な効果を求める場合にはぴったりな治療方法です。

自然な再生力で、様々な薄毛の治療が可能!

PRP治療法による効果のあらわれかたはおだやかで、急激な変化は起こりません。そのため、周りに気づかれにくいメリットがあり、周囲の反応を気にするなどのストレスを感じることなく育毛することができます。

最近、髪に悩む女性が増えています!

ストレスや睡眠不足、加齢が原因で、薄毛や抜毛に悩む方が増えています。

AGA(男性型脱毛症)が広く知られるようになり、薄毛の問題は男性のものと思われがちでしたが、近年では女性でも薄毛の症状を訴える方が急速に増えています。

思い通りに痩せられず失敗の繰り返し
  • 最近、毛髪が全体的に薄くなってきた
  • 産後の抜け毛で悩んでいる
  • 髪が細くなってきた
  • シャンプー・育毛剤を使用しても効果がない
  • 地肌が透けて見える
  • 発毛サロンやエステ、市販の育毛剤では発毛しない
  • 髪のボリュームが無くなってきた

薄毛の原因は加齢のほか、日々のストレス睡眠不足食生活の乱れホルモンバランスの乱れなど様々あり、現在薄毛や抜毛で悩んでいる日本人女性は1000万人にのぼるといわれ、女性人口6,000万人として6〜10人に1人の方が薄毛に悩んでいることになります。
中でも、30代~40代以降の女性の数は最も大きな割合を占めています。

Dr野口なつ美

当院で行うPRP育毛療法は女性はもちろん、男性にも効果がある毛髪再生医療です。
薄毛や抜毛のお悩みを根拠のある医療の力で解決したいとお考えの方は、何でもお気軽にご相談ください。

PRP育毛療法の効果について

PRP療法とは血小板の働き、つまり自然治癒力をサポートする治療法として、
ヨーロッパやアメリカなどで行われている治療法です。

まず、PRPとは、「多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma)」の略で、血小板がたくさん含まれている血漿のことです。血液は、液体成分である「血漿」と、細胞成分である赤血球・白血球・血小板という3つの血球からできています。つまり、血液中の赤血球と白血球を取り除いたものが、「PRP」というわけです。

血小板には成長因子が多く含まれており、もともと傷の治癒などで大きな力を発揮しています。この、成長因子を「毛をつくりだす」サイクルに活かすのがPRP育毛療法です。

PRP育毛療法は、血小板が多く含まれるPRPを直接頭皮に注入することで、注入したPRPの成長因子の働きを利用して、発毛を促そうという治療法です。弱った毛母細胞の働きを活発にしてくれるため、発毛・育毛効果が期待できるというわけです。

抽出方法は、血液を約20ccほど採取し、特殊な技術を使って血小板が多く含まれる部分のみを抽出します。

PRP育毛療法のメリット

副作用の可能性が低く、安全性が高い!

PRP育毛治療法は、ご自身の血液から精製した成分を用いた治療法のため、その他治療方法とは一線を画します。外部から栄養分を与える、または人工物を植える方法とは異なり、それらに起因する感染やアレルギーの心配がないので安全性が高いといえます。

持続性があり、効果が長持ち!

PRPの育毛治療では、細胞自身を活性化させることで、頭皮自体が健康な皮膚に生まれ変わるため、治療効果の持続時間が長いというメリットがあります。長期的な効果を求める場合にはぴったりな治療方法です。

自然な再生力で、様々な薄毛の治療が可能!

PRP治療法による効果のあらわれかたはおだやかで、急激な変化は起こりません。そのため、周りに気づかれにくいメリットがあり、周囲の反応を気にするなどのストレスを感じることなく育毛することができます。

治療の流れ

治療の流れ

①自身の血液を採取(事前に血液検査も行います)
②採取した血液を遠心分離機にかけ、血球と血漿に分離をさせます(PRP抽出)
③血漿(PRP)を患部に投与

投与方法

頭皮に直接注射をいたします。PRPを頭皮の気になる部位を中心にメソガンで注入治療を行います。

・治療回数は基本的に2回
・1度の治療でPRPが細胞を活性化させ、その効果は3ヵ月から半年持続いたします。
・個人差はありますが、PRP療法を利用した方の多くが、1回~3回の治療のうちに効果を実感しております。
・治療の間隔は、2~3ヵ月に1回。

※注意事項

・当日のシャンプーや入浴、激しい運動や飲酒など体温が上昇することは控えてください。
・治療前後1週間の染髪やパーマは控えてください。

男女を問わない治療で毛髪力を活性化

PRP育毛療法の料金

  
  •   

    PRP育毛療法

    診療クリニック
    渋谷
    横浜
       
    ¥150,000
    ※血液検査代が別途かかります。
  •   
  •   

    育毛外用

    診療クリニック
    渋谷
    横浜
       
    女性用発毛剤
    フォームタイプ
    (ミノキシジル5%配合)
    ¥20,000
    女性用発毛剤
    液体タイプ
    (ミノキシジル2%配合)
    ¥15,000
  •   

    育毛内服

    診療クリニック
    渋谷
    横浜
       
    育毛サプリメント ¥15,000

    ※一切の薬物成分、
    ホルモンは含まれておりません。

<PRP治療を受けられない方>

  • クエン酸ナトリウム水和物にアレルギーのある方
  • 出血傾向があり血がとまりにくい方
  •  
  • 骨髄機能低下
  • 肝機能障害(慢性肝炎、硬変)
  •  
  • 悪性腫瘍
  • HIV 感染症
  •  
  • ウイルス性疾患
  • アレルギー疾患等頭皮に異常がある方
  •  
  • 妊婦
  • 発熱時
  •  
  • 貧血
  • 腎機能障害
  •  
  • 甲状腺機能異常
  • 血小板異常による疾患
  •  
  • 脾機能亢進症
  • 門脈圧亢進症
  • 自己免疫疾患・膠原病
    (リュウマチ、 SLE、バセドー病、皮膚筋炎など)
  •  
  • 自己免疫性溶血性貧血
  • 肝硬変 など

・クエン酸ナトリウム水和物にアレルギーのある方
・出血傾向があり血がとまりにくい方
・骨髄機能低下
・肝機能障害(慢性肝炎、硬変)
・悪性腫瘍
・HIV 感染症
・ウイルス性疾患

・アレルギー疾患等頭皮に異常がある方
・妊婦
・発熱時
・貧血
・腎機能障害
・甲状腺機能異常
・血小板異常による疾患
・脾機能亢進症
・門脈圧亢進症
・自己免疫疾患・膠原病
(リュウマチ、 SLE、バセドー病、皮膚筋炎など)
・自己免疫性溶血性貧血
・肝硬変 など

※上記のほかアレルギーのある方はお申し出ください。
※円形脱毛症は専門皮膚科での治療を第一選択となります。
※喫煙をされている方は効果があらわれにくい場合がありますのでお控え下さい。

渋谷美容外科クリニックの横浜院のご紹介

横浜院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

横浜院  院長

松田 秀則 医師

1989年 香川医科大学医学部卒業
1993年 国際形成外科学会賞受賞
(端側神経縫合による神経再生に関する研究)
2003年 久保田潤一郎クリニック
2007年 日本美容外科学会 特別賞受賞
(PRP注入による顔面老化皮膚再生の可能性)
2009年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
2016年 渋谷美容外科クリニック横浜院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 国際形成外科学会会員
  • NPO法人日本アンチエイジング医療協会理事
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
横浜院地図
住所
神奈川県横浜市西区南幸 2-11-1横浜MSビル7F
横浜駅みなみ西口徒歩4分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

渋谷美容外科クリニック渋谷院のご紹介

丁寧でわかりやすいカウンセリング

渋谷院  院長

中島 透 医師

1997年 千葉大学医学部卒業
1998年 東京厚生年金病院麻酔科臨床研修医
1999年 千葉県救急医療センター集中治療科勤務
2000年 千葉大学医学部付属病院形成外科勤務
2004年 君津中央病院形成外科勤務
2005年 千葉大学大学院修了 医学博士号取得
2006年 千葉労災病院形成外科医長
2008年 渋谷美容外科クリニック立川院 院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック渋谷院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
  • 日本法医学会会員
渋谷院地図
住所
東京都渋谷区渋谷1-14-9 藤和宮益坂ビル8・9F
渋谷駅東口徒歩1分
診療時間
月・木・金(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・水
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

各治療は自由診療のため保険は適用されません