【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

タトゥー・刺青の切除法

タトゥー・刺青の治療方法

切除イメージ図
縫縮イメージ図
術後イメージ図

急いでタトゥーを取りたい方、ケロイド体質の方、除去範囲の小さい方におすすめの方法です。
タトゥー・刺青の入った部分の皮膚を切除し皮膚を縮める切除法は、1回の手術でタトゥーを除去できるため、非常に有効な方法といえます。

傷跡は、タトゥー・刺青のデザインによって、直線であったり、ジグザグであったり異なりますが、いずれも仕上がりは一本の線状(傷)になり、傷跡が目立ちにくいこともメリットです。また、部分麻酔をして手術を行うので、入院の必要もありません。

除去範囲の広い方は、2~3回に分けて手術することが可能です。
手術と手術の間隔は、皮膚の状態が完治して施術が可能となるまでの3~6か月が必要になります。

レーザー除去が効きにくい緑や黄色の部分は切除法で、黒や青の部分にはレーザー治療法を行うなど、施術の組み合わせも効果的です。
また、手術でできる限りタトゥーを切除し、残った細かい部分をレーザーで除去することもできます。
まずは医師と相談しながら、自分に合った治療方法を決めていきましょう。

施術時間名刺サイズ:約50cm2で40分前後(目安)
お風呂翌日よりシャワーは可能。入浴は抜糸翌日から
通院抜糸を行うため7~10日後に通院が必要
術後の処置処方される軟膏を抜糸の前日まで塗る。
抜糸後は傷跡が広がらないようにテープ固定を一定期間続けるる
こんな場合にオススメ
急いで取りたい方
名前などの文字のもの
ケロイド体質の方
レーザーが反応しない色のタトゥー・刺青の方
スクロールできます
治療方法切除法
回数1回程度(個人差あり)
広範囲
治療期間分割する場合3~6カ月に1度
適応線状の傷跡が残るが、小さいものなら一度で終了する
特徴幅によっては1回の治療で除去できる
色素の深さ、色に関係なく確実に除去できる
早期治療に適している
局所麻酔で可能(入院の必要なし)
注意点大きさが限られる
切開線が残る
刺青除去部分と周辺皮膚とを比べると色・質感に違和感が生じることがある

○上記のレーザー除去・切除法料金には、薬代・麻酔代・血液検査代が別途かかります。詳しくはお問い合わせください。

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックについて

新宿院  院長
野口 道男 医師