【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

お腹の脂肪吸引

脂肪のつき方

女性のお腹周りの皮下脂肪は、大きく分けて下腹部(おへそより下の部分)、上腹部(おへそから乳房にかけての部分)、腰周りの3つにつきやすいといえます。男性に比べても皮下脂肪で下腹がポッコリしていることが多く、お腹の前面はフラットな場合でも腰周りにだけ脂肪が多くついていることがあり、特に吸引のご要望の多い部位でもあります。

さらに腰周りの皮下脂肪は脇腹のくびれを左右するため、細く綺麗なウエストラインになるためにはこの部位の吸引は見過ごせません。

デザイン

お腹の脂肪吸引は最もポピュラーで人気のある部位です。何より大切なのは、お腹の前面をフラットでナチュラルに仕上げるデザインです。

下腹部~上腹部は面積が大きくちょっとした凸凹でも目立ちやすいので、前後左右どこから見てもフラットで自然に見えるよう、広範囲にていねいに吸引することが必要です。特に女性らしい丸みを損なわず、かつメリハリの効いたボディの中心となるのがお腹なので、脂肪吸引でキュッと締まったウエストを目指しましょう。

傷の位置

脂肪を吸引するためのカニューレの挿入口=傷の位置は、おへそ(上腹部または下腹部の吸引)、左右のアンダーバストライン(上腹部の吸引のみ)、ビキニラインでアンダーヘアの際辺り左右1カ所ずつ(上腹部、下腹部、腰)、腰の背面左右1カ所ずつ(腰の吸引のみ)、背中(腰の吸引をする場合に上方の吸引が必要な場合のみ)の5カ所です。

それぞれの吸引方法の組み合わせによって変わります。

ボディジェットによる吸引では、ほとんどダウンタイムがありません。
※ダウンタイムには個人差があります。


気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックについて

新宿院  院長
野口 道男 医師