【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

メソリス+(プラス)は
こんな方におすすめです

  1. 肌の乾燥が気になる
  2. 肌の小ジワが気になり始めた
  3. 肌のクスミが気になる
  4. 肌が強い紫外線によるダメージを受ける前後に
  5. 肌のツヤ・潤いが無くなってきた
  6. 首・手甲・デコルテの治療をしたい

メソリス+(プラス)の
症例フォト

Before

After

※症例の掲載にご承諾いただいた写真のみを掲載しています。掲載以外の症例写真については診察・カウンセリング時にお見せしております。
症例写真は個人情報の厳正な管理、医療広告ガイドライン、ご本人の承諾範囲に伴う提示ルールに則っています。

メソリス+(プラス)
について

クリニック医師の写真

メソリス+(プラス)とは、真皮の保湿施術用に作られたヒアルロン酸と、グリセロールという体内で自然に生成される高い保湿力をもつ2つの成分を、独自処方によって組み合わせた業界唯一のジェルです。

肌の保湿効果を高めて再成を促すことで、キメが細かく、ハリつやを出す注射によるエイジングケア治療です。

治療の効果を持続させたい方は、継続的に再注入する必要があります。

年齢と共に、体内でのグリセロールの生成が減少し、それに伴いヒアルロン酸の濃度も減少します。
さらに、皮膚が毎日擦られることによって、減少に拍車がかかります。
その結果、肌の水分率が低下して、肌のハリやツヤ・健康的な色味を無くなり、若々しさを失ってしまいます。

肌の輝きやトーン・ハリを取り戻すためには、失われたヒアルロン酸とグリセロールを補う事が必要不可欠です。
メソリスシリーズでは、ヒアルロン酸とグリセロールが保湿プロセスの重要な役割を果たします。

ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸重量の1000倍という驚異的な比率の水分をとりこむ能力をもっています。
グリセロールは、ヒアルロン酸が皮膚の中で水分を維持する役割や、皮膚を保湿するプロセスを強化します。

メソリス+(プラス)の
効果

  • 皮膚の保湿
  • シワの予防
  • 浅いシワの改善
  • 肌の輝きを増す
  • 老化予防

治療スケジュール

2週間に1回を3回、その後1カ月後に1回の全4回を1クールとして行います。その後は、2~3カ月に1回の治療をお勧めしています。

メソリス+(プラス)の
よくある質問

洗顔やお化粧はいつからできますか?

治療直後から可能なので、メイクをしてお帰りになれます。

治療後に入浴しても大丈夫ですか?

治療当日から入浴も可能です。

メソリス注射による腫れはありますか?

施術直後は薬剤により軽い発赤腫脹が生じますが、数時間で治まります。

また、注射後の薬剤が吸収される2~3日まで腫脹がみられる場合があります。
内出血を生じた場合は、消失に1週間程かかる場合があります。

副作用はありますか?

メソリスはメソセラピーひとつであり、安全な治療法として知られています。
現在までに、重篤な副作用の報告はありません

フォローアップケアは必要ですか?

メソリスは、2週間に1回の施術を連続で3回、その後1月後に1回受けると、明らかな効果を実感していただけます。
その後は、2~3カ月に1回の治療をお勧めしています。

メソリス+(プラス)の
施術の流れ

STEP
麻酔

洗顔後、ご希望の方には施術部位に麻酔テープを貼り、30分程待ちます。

STEP
注入

施術部位全体に、皮膚の真皮層へメソリス+(プラス)を細かく少量ずつ注入します。

STEP
施術終了

施術後は、お化粧をして帰宅することも可能です。

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックについて

新宿院  院長
野口 道男 医師