脂肪吸引のダウンタイムはどのくらい?顔、太もも、お腹など部位別でも解説 | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

脂肪吸引のダウンタイムはどのくらい?顔、太もも、お腹など部位別でも解説

渋谷美容外科クリニックHOME > コラム一覧 > 脂肪吸引のダウンタイムはどのくらい?顔、太もも、お腹など部位別でも解説

脂肪吸引の施術を受けてみたいと思ってもダウンタイムが気になって、受けるか迷っている方も多いのでは。今回はそんな気になるダウンタイムの期間や、施術後の過ごし方の注意点について紹介します。顔、頬、太もも、お腹など部位ごとのダウンタイムについても紹介しますので、気になる部位をぜひ参考にしてください。

脂肪吸引の施術方法

脂肪吸引はカニューレと呼ばれる細い管を使い、脂肪だけを分解・吸引していきます。
渋クリでは身体に負担の少ない「ボディジェット」を採用しており、以下のように行います。

脂肪吸引では、脂肪細胞を吸引することで物理的に細胞数を減らすことができるため、リバウンドなどの心配がありません。
またボディジェット術による脂肪吸引は、血管や筋肉を傷つけず行うことができ、ダウンタイムも比較的少ないという利点があります。

脂肪吸引のダウンタイムはどのくらい?期間を紹介

ダウンタイムとは、脂肪吸引(施術)してから回復するまでの期間のことを言います。
ここでは、脂肪吸引のダウンタイムについて解説していきます。

脂肪吸引の一般的なダウンタイムの期間

脂肪吸引を行うことで、日常生活に支障をきたすような術後の症状が出ることはほとんどありません。
一般的には、施術後のシャワーは2日目から、入浴は抜糸を1週間後に行うため、それ以降で可能となります。
激しい運動は、1ヶ月程度控えるほうがよいでしょう。
術後に腫れやむくみ、内出血が起こることがありますが、ほとんどの場合、数日~2週間程度でおさまります。そのため、一般的な美容整形の施術よりダウンタイムの期間は短いと言えるでしょう。

ダウンタイムなしや少ない脂肪吸引はある?

ご紹介したように、渋クリで採用しているボディジェットでの施術は、身体に優しい水流を利用した施術のため、身体への負担が少なくなります。施術後は1時間程度の安静で当日帰宅ができます。
また、重度の腫れや痛みの心配が少ないので、長期の休みなどを必要としません。そのため、従来の脂肪吸引と比べて気軽に施術を受けられるようになっています。

脂肪吸引のダウンタイムで起こる症状

同じ術式でも、術後の傷みや腫れなど個人差があります。
腫れやむくみ・しびれなどが起こる可能性もありますが、ケアをしっかり行えば数時間から数日で引くことがほとんどです。ケアについて、詳しくは後述します。

また、術後など不安なことがあれば相談できるクリニックを選ぶとよいでしょう。渋クリでは、術後気になることがあれば相談を受け付けています。

【部位別】脂肪吸引のダウンタイムと痛み

ここではよく施術される部位別で、ダウンタイムの期間と経過についてご紹介します。どの部位も、基本的に入院など長期で安静にしておく必要はなく、日常生活に支障をきたすほどのダウンタイムはありません。

よく施術される部位は以下の通りです。

・顔(頬)
・太もも
・お腹
・二の腕

顔(頬)

術後、圧迫固定するため2日程度包帯を巻く必要があるものの、固定が取れれば腫れも引いていることがほとんどです。3日目以降は内出血も薄くなっていき、メイクで隠せる程度になります。また、気になる内出血は2週間程度で消退するでしょう。

ただ、どうしても目立つ場所ですから、スケジュールを考慮して施術日を決定することをおすすめします。何もしていなければ痛みはほとんどなく、あったとしても薬が必要ない程度の痛みでしょう。

太もも

術後、1週間程度でむくみが落ち着きます。 腫れや内出血が出る場合がありますが、それもほとんどの方は2、3週間で引いています。
つっぱりや固さは2か月程度かけ徐々に引いていくため、気を長くして経過をみるとよいでしょう。

痛みは吸引範囲が広く、日常生活で動かす箇所なので感じやすい部位で、筋肉痛を強くしたような痛みを感じることがあります。太ももはキレイなラインを作る脂肪吸引が難しいとされている部位のため、技術のある医師の施術が受けられるクリニックを選びましょう。

お腹

腫れや内出血が出た場合も10日前後で引いていきます。 お腹の広範囲を脂肪吸引するため凸凹が出やすい部位ですが、技術力のある医師の施術を受ければ、2か月程度で綺麗なシルエットに仕上がっていくでしょう。

また、痛みは筋肉痛の様なもので、立つ・しゃがむ、寝返りなどの動作で痛むこともあります。

二の腕

腫れや内出血が出た場合も、2、3週間程度で引いていきます。手術後5日~7日程度固定を行い、1、2か月で完璧な状態になるでしょう。気になるつっぱりも、2か月程度で解消されます。

痛みについては、動かさなければほとんど感じません。
感じたとしても、筋肉痛の様な痛みで3日目ごろが痛みのピークとなることがほとんどといわれています。また、着替える時など、腕を上げる動作で痛みを感じることがあるでしょう。

おすすめプラン

脂肪吸引のダウンタイムの過ごし方

術後は、激しい運動は避け、基本的には安静にしておくのが良いでしょう。
2、3日は包帯などで固定圧迫を行うため、顔など肌が出る場所は、重症感が出てしまいます。そのため、スケジュールなど考慮して施術を受けることをおすすめします。

また、渋クリでは術後のアフターケアとしてインディバを使用し、余分な脂肪細胞を燃焼させ、よりなめらかなボディラインに仕上げていきます。

その後は内出血のような箇所も薄くなっていき、化粧で隠せる程度になるので、気にせず外出することも可能です。赤みや腫れが出た場合はアイシングを行い、ひどい場合はクリニックに相談しましょう。

入浴は血行を促進してしまうため。抜糸翌日(1週間程度)まで控えましょう。

脂肪吸引ダウンタイム中の痛みの対処法

痛みの対処法は以下の通りです

・痛み止めの服用
・アイシング
・マッサージ(血行促進)
・食事

痛み止めの服用

医師から処方される痛み止めや腫れ止め、化膿止めを飲むことで痛みを和らげることができます。痛みが酷い場合には、無理せず服用しましょう。

アイシング

術後、患部が熱を持つ、また炎症や赤み、痛みがひどい場合にはアイシングを行うと落ち着きます。ただしアイシングは術後3日程度まで、と考えておきましょう。
4日目以降は血行を良くすると回復が早くなります。そのため、冷やし続けることは避け、タイミングを考慮し行うことをおすすめします。

マッサージ(血行促進)

施術の7日後には、医師の指示に従ってマッサージを行うと、血行促進により痛みが緩和されることがあります。脂肪吸引の術後はむくみが出ることもあり、マッサージはむくみの緩和にも効果的。また7日目以降の抜糸の後は入浴もでき、血行促進につながります。

食事

脂肪吸引後は、炎症を抑えるために水分不足になりやすい状態になっています。術後2週間程度は、こまめに水分をとるよう心がけましょう。

また、手術で体内の組織が破損を受けているため、その修復にタンパク質を大量に消費しています。回復を早めるために、たんぱく質の摂取を積極的に行いましょう。代謝と血行を促進するビタミンB群や亜鉛などの摂取も効果的です。

脂肪吸引のダウンタイムはそれほど長くない!渋クリなら痛みも少なく、安心して受けられます

今回は脂肪吸引のダウンタイムについて紹介しました。
脂肪吸引のダウンタイムは他の美容施術に比べると短いことに加え、日常生活に大きな支障をきたすことも少ないため、それほど神経質になる必要はないでしょう。
また、痛みや赤み、腫れなどはアイシングやマッサージなどのケアで緩和できることもありますから、術後の日数から合うもので対処しましょう。

渋クリの脂肪吸引は身体に負担の少ない「ボディジェット」を採用しています。また顔の脂肪吸引は、注射器で丁寧に脂肪を吸い出す「シリンジ法」を採用しており、経験豊富な医師による施術で、たるみや凸凹が出るというリスクも軽減できます。

手術によるキズは目立ちにくく、術後は入院の必要もないので、日帰りが可能です。
さらに渋クリでは1人1人に合った痩身法をご提供するため、「医療痩身外来」を設けています。生活習慣のアドバイスや内服薬の処方など、リバウンドしにくい体質に導くことができるので、脂肪吸引を検討中の方はぜひ一度渋クリにご相談ください。

渋谷美容外科クリニックのご紹介

渋谷院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

渋谷院  院長

中島 透 医師

1997年 千葉大学医学部卒業
1998年 東京厚生年金病院麻酔科臨床研修医
1999年 千葉県救急医療センター集中治療科勤務
2000年 千葉大学医学部付属病院形成外科勤務
2004年 君津中央病院形成外科勤務
2005年 千葉大学大学院修了 医学博士号取得
2006年 千葉労災病院形成外科医長
2008年 渋谷美容外科クリニック立川院 院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック渋谷院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
  • 日本法医学会会員
渋谷院地図
住所
東京都渋谷区渋谷1-14-9
藤和宮益坂ビル8・9F
渋谷駅東口徒歩1分
診療時間
月・木・金(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・水
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新宿院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新宿院  院長

野口 道男 医師

1993年 埼玉医科大学卒業
1993年 埼玉医科大学総合医療センター形成外科学入局
1995年 神奈川美容外科クリニック
1998年 好生堂クリニック開業
2014年 渋谷美容外科クリニック新宿院 院長就任
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本マイクロサージェリー学会
新宿院地図
住所
東京都新宿区新宿3-23-1
都里一ビル2F
新宿駅東口徒歩1分
診療時間
月・水(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・木・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

池袋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

池袋院  院長

峯岸 季清 医師

2003年 日本大学医学部医学科卒業
2003年 日本大学医学部付属病院麻酔科入局
2005年 昭和大学病院形成外科入局昭和大学病院関連病院に勤務
2013年 渋谷美容外科クリニック横浜院 副院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック池袋院 院長就任
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本創傷外科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
池袋院地図
住所
東京都豊島区南池袋2-27-8
南水ビル7F
池袋駅東口徒歩3分
診療時間
月・火・水・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
木(すべて祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

横浜院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

横浜院  院長

松田 秀則 医師

1989年 香川医科大学医学部卒業
1993年 国際形成外科学会賞受賞
(端側神経縫合による神経再生に関する研究)
2003年 久保田潤一郎クリニック
2007年 日本美容外科学会 特別賞受賞
(PRP注入による顔面老化皮膚再生の可能性)
2009年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
2016年 渋谷美容外科クリニック横浜院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 国際形成外科学会会員
  • NPO法人 日本アンチエイジング医療協会理事
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
横浜院地図
住所
神奈川県横浜市西区南幸2-11-1
横浜MSビル7F
横浜駅みなみ西口徒歩4分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新橋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新橋院  院長

楊 美優 医師

2014年 秋田大学医学部医学科卒業
2014年 大学病院形成外科院 勤務
2017年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
  •  
新橋院地図
住所
東京都港区新橋2-18-9
第3光和ビル4F(くすりの福太郎内)
新橋駅銀座口徒歩0分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

最新記事

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには、日本形成外科学会 形成外科専門医、麻酔科標榜医、
日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本美容外科学会、
国際形成外科学会会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医等が
在籍しており、監修のもと運営を行っております。