【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

肝斑

信頼性の高い医療機器の力で、不可能だった肝斑への安全なレーザー治療が実現しました。

肝斑(かんぱん)とは、頬骨のあたり、額、口のまわりなど顔の左右対称に出現するシミ。

いわゆる一般のシミと原因が違います。でも、見分けることが難しく治療に注意が必要です。
30~40代に多く、妊娠が出現のきっかけとなる場合もあります。その理由ははっきりとはしていませんが、経口避妊薬の内服でできやすく、高齢になると消失することから、女性ホルモンの分泌と深い関係があると言われます。
さらに、夏に濃くなり、冬に薄くなることから紫外線も関係しているとされます。ストレスで悪化する場合もあります。

BEFORE

AFTER

こんな方にオススメします

野口 道男

・シミが気になってきた
・肌がくすんできたみたい
・シミが左右対称にできている
・シミをなくして若い印象にしたい
・妊娠をきっかけにシミが増えた
・30代からシミが目立ってきた

こんな症状は肝斑かも…

・頬骨の上、目の下に左右対称にシミがある
・シミの形が円形でなくもやっとぼやけている
・季節によってシミの濃さが変わることがある
・30~40代になって急にシミが増えた
・妊娠して、経口避妊薬を服用している
・紫外線によるシミ対策をしているのに効果がない
・ストレスを溜めやすい方だと思う

当院の肝斑治療の特徴

フラットに広い範囲に照射することで、エネルギーを肌に均一に届けることができるため、従来は行えなかった肝斑のレーザー治療を可能にしたレーザートーニングを駆使した治療を行っています。
効果を得るまでに長い時間が必要とされていた、これまでの内服薬中心の肝斑治療。
低出力のレーザーを使用したレーザートーニングの登場で飛躍的に治療が進化し、短期間で改善することが可能となりました。
肝斑以外に、炎症後色素沈着、毛穴の黒ずみもケア。美肌づくりが同時に望めます。
レーザー治療と内服・外用薬を併用した、当院オリジナルの肝斑プログラムも好評です。

肝斑とは何でしょう?

一般的に、30~40 代のアジア人の女性に多く見られるシミの一種で、両頬に同じようにできるのが特徴です。
原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。
肝斑(かんぱん)はほかのシミと混在している場合が多く、見分けるのが難しいので、ただのシミだと思い込んでしまうことも…。
肝斑(かんぱん)の治療には、トラネキサム酸やビタミンC などの内服や外用、イオン導入などを長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑(かんぱん)の場合にはそれでも色素が残ってしまうことがありました。

肝斑の効果的な治療法

レーザートーニング(美白トーニング)

年齢不詳の美肌を叶えるレーザーによる肝斑治療

肝斑プログラム

シミと肝斑を見極めて撃退する治療プログラム

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックについて

新宿院  院長
野口 道男 医師