シワ・タルミ|渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

シワ・タルミエイジングの悩みナンバーワン。鏡を見るたび憂鬱になるシワ・タルミを安全で効果的に解消します。

渋谷美容外科クリニックHOME > 悩みから探す > シワ・タルミ

シミと並んで、女性のエイジングのワースト3がシワ・タルミです。
そして、このシワ・タルミの効果的な治療が長年にわたってエイジングケアの大きな課題となっています。
シワは笑う、怒る、泣くなどの表情から、よく動く部分にできやすく、特に目のまわりは皮膚自体が薄いので早ければ20代前半から細かいシワができ始めます。
また、加齢による肌の弾力やハリの低下によって、ほうれい線やフェイスライン、二重アゴなどの10歳以上も老けて見える原因となるタルミをもたらします。
シワ・タルミのいずれも、小さな変化を見逃さず、早めの対策を行なうことが大切です。

PRP注入皮膚再生療法(血小板治療) NO.001 Before:施術前
PRP注入皮膚再生療法(血小板治療) NO.001 After:施術後

こんな方にオススメします

  • 目尻、口元にシワができた
  • 顔や眉間のシワが目立つ
  • 頬や口元がたるみはじめた
  • 肌に弾力がなくなってきた
  • 若々しく見せたい
  • 顔の皮膚が全体的にタルんでいる
  • 肌にハリを蘇らせたい
  • フェイスラインをスッキリさせたい
  • 首のシワや「タルミ」が目立つ

シワの主な原因は…

紫外線

太陽には発ガン性のある紫外線があり、コラーゲンやエラスチンという美肌づくりに不可欠な成分を破壊します。

遺伝

遺伝から肌の色が濃い人は紫外線の影響を受けやすくなります。

加齢

年齢とともに、肌の弾力がなくなりシワができやすくなります。

ホルモンの損失

女性は閉経を迎えると肌の弾力が急激に失われ、シワを招きます。

脂肪や骨の消耗

肌を支える脂肪と骨が、ダイエットなどで急に失われると肌が緩んでシワになります。

筋肉の動き

顔は表情から筋肉を最も多く使用するためシワができやすく、さらに深くなりやすい部分です。
そのため年齢とともに筋肉が緩んで垂れていきます。

肌保護壁の破壊

紫外線の影響によって、肌の土台であるセラミドやレシチンといった物質が減少することで肌自体が弱くなりシワができます。

シワの種類

表情ジワ

表情ジワは、表情筋が働くときにできるシワのことです。若い頃は笑う、眉をしかめるなど表情でシワができてもすぐに元に戻りますが、年齢とともに戻りづらくなります。
目尻、眉間、額、口元などにできやすいのが特徴です。

ちりめんジワ

肌の表面にできる浅くて細かいシワのことで、目の下や目尻などにできやすいことが特徴です。
加齢による肌の新陳代謝や保水力の低下、また肌の乾燥や、紫外線によるダメージが主な原因です。

真皮性シワ

真皮にまで深く刻まれたシワで、V字型に陥没した皮膚の溝です。
加齢に伴い目尻や額などにでき、肌の弾力の低下や乾燥、紫外線によるダメージが主な原因です。いわゆる小ジワのことです。

タルミジワ

肌のタルミによって生じるシワ。年齢とともに、コラーゲンやエラスチンなど肌の土台となる成分が失われ、皮膚が垂れ下がることでシワが目立つようになります。
目尻、目の下、眉間、額、口元などにできます。

タルミの主な原因とは…

  • 皮膚(主に真皮層)の線維構造の劣化・崩れ
  • 表情筋(顔の場合)の衰え
  • 皮下脂肪の増大により、それを支える筋肉とのバランスの崩れ
  • 紫外線による肌の衰え
  • 間違った自己流ケア(マッサージ)によるもの

当院のシワ治療の特徴

今までのシワ治療の中には、その効果の代償として痛みが非常に強く、ダウンタイムが長いという難点がある場合も多く、約1カ月程度も続く場合もあることから治療を断念される方がいました。
当院は、低出力の高周波を1回の治療で10数回に分割して真皮層まで届け、痛みや腫れなどの負担が全くないのにも関わらず、積算で皮膚の深部へ十分に高周波が行き渡らせ、サーマクールと同様もしくは上回る劇的なリフトアップを実感することができる最新スーパーRFを導入しました。
もちろん各種シワの状態や部位に合わせた注入法等もあります。

当院のタルミ治療の特徴

最も効果が高くポピュラーな顔のリフトアップ法で、皮膚の余分なタルミを筋膜から引き上げて、頬・首周囲・目尻など、全体的に取り除くことができ、5~10歳の若返りが可能なのがスレッドリフト、フェイスリフト、コンパトリフトです。
この手術による若返り法は、顔を変えるのではなく「若い頃の状態に戻す」のが目的です。

シワの効果的な治療法

タルミの効果的な治療法