小顔・あご形成 | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

小顔・あご形成スッキリ引き締まった若々しい小顔と、女性らしいキュッと小さなあごが手に入ります。

渋谷美容外科クリニックHOME > 悩みから探す > 小顔・あご形成

丸顔・四角顔・ホームベース顔など、人の顔型(輪郭)は様々です。
目鼻立ちなどパーツごとの悩みと違い、顔全体の輪郭を直すのはムリ…と、あきらめていませんか?
でも、キュッと小さな若々しく締まった顔を手に入れたいなら、まずは、経験豊かなドクターによるカウンセリングを受けてみましょう。お悩み別に施術を用意していますので、どんな顔型にも対応が可能です。
小顔やあごが引き締まると全身のバランスの均整が取れ、トータルな美しさを手に入れることができます。

ボトックス NO.001 Before:施術前
ボトックス NO.001 After:施術後

こんな方にオススメします

  • 顔が大きいのが悩み
  • 二重あごが気になる
  • 丸顔がコンプレックス
  • 理想の卵型の輪郭にしたい
  • 顔が長くて大きく見える
  • 手術には抵抗がある

当院の小顔・あご治療の特徴

当院では、ヒアルロン酸や脂肪溶解注射、ボトックス、レディエッセ、プロテーゼ挿入、脂肪吸引など、患者様のお悩みそれぞれに最適な小顔づくりメニューをご提案させていただいております。
まずはお気軽にご相談ください。

小顔形成の効果的な治療法

気になる部分に、ピンポイントで脂肪を溶かす薬剤を注入する脂肪溶解注射や、ボツリヌストキシンの作用で咬筋を萎縮させて、エラを軽減するボトックス。
さらに頬やあごの裏をスッキリとさせる脂肪吸引もあります。

顔の形の種類

卵型

理想の顔型と呼ばれ、美人の標準とされています。
この卵型は眉から口までの縦ラインと、口角を結んだ横ラインの長さの割合が1:1になっていて、その名の通り卵を逆さまにしたような美しい輪郭とあごが最大の特徴です。

丸型

キュートな印象を持たれやすく、親しみやすいのが特徴の顔型です。
全体的なラインが丸みを帯びてどこか女らしく可愛らしい印象も与えますが、同時に年齢よりも幼く見られてしまいがちです。

面長型

曲線の少ない顔全体のつくりのため、大人っぽく落ち着いた印象を与えるのが特徴です。
日本人に最も多い形で、落ち着いた雰囲気とシックなイメージ、でも、どこか寂しい印象も感じさせてしまいます。

三角形型

あご先がシャープなため、どこかクールな印象を与えます。
さらに、頭のハチが張っているので、頭が大きく見えてしまいがち。
でも知的でスマートな、どこか都会的な雰囲気を感じさせる顔型です。

四角形型

エラが張っていて額が広めなのが特徴です。
生え際やフェイスラインが直線的なラインであることが多いのが特徴で、意志が強く、どちらかというと男性的なイメージを持たれがちです。

小顔・あご形成の効果的な治療法

痛みも腫れも少なく、ナチュラルな仕上がりが望めるヒアルロン酸注入。
手術は一切必要とせず、薬剤を注入するだけで、ダウンタイムの心配もないレディエッセ。
さらに理想のあごに形成できる人間の軟骨に近い性質のシリコン性素材プロテーゼ挿入など、お好みに合わせて選べます。