【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

40代でできるシミの原因は?改善方法や与える影響について解説します!

「40代でできたシミを綺麗に消したい」「シミのない肌を目指すには何をすればいいの」見た目年齢を左右しやすいシミは、できる限り早く消したいですよね。

今回は、40代でできるシミの原因や自宅でできるケア方法についてご紹介します。シミを消すためのおすすめの方法も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

40代でできるシミの原因について

  • 紫外線
  • 化学物質の影響
  • 肌へのダメージ
  • ストレスやホルモンバランスの乱れ

40代からできやすくなるシミの原因には、上記のようなものがあります。シミの発生につながる理由について、詳しくみていきましょう。

紫外線

肌が紫外線に当たるとメラニン色素と呼ばれるシミのもとが生成され、その色素が細胞に蓄積することでシミができます。適量の紫外線であれば問題ありませんが、長時間浴び続けるのは良くありません。ターンオーバーによるメラニン色素の排出量よりも肌への蓄積量が増えてしまうため、シミができやすくなります。一方で、紫外線に当たったからといって、すぐにシミができるわけではありません。数年、もしくは数十年の期間メラニン色素が蓄積されることでシミができるため、先を見据えたケアを行う必要があります。

化学物質の影響

化学物質が肌に触れると、痒みや皮膚発赤などのアレルギー症状が起こり、シミにつながるかもしれません。化学物質とは、香料などの化粧品成分や服やタオル製品などが挙げられます。また化学物質は日用品に限らず、植物の葉や実に含まれることもあります。マンゴーや銀杏の実など、日常で触れる機会が少なからずあるため、皮膚トラブルに気づいたら、シミにつながらないような対策を図る必要があります。

肌へのダメージ

肌ダメージにより作られたメラニン色素が排出されず、皮膚に残ることでシミができる可能性があります。軽い怪我や火傷の場合、一時的にできた肌ダメージなため、自然と良くなる場合がほとんどです。一方で、繰り返すニキビや湿疹など、治りにくい肌トラブルが起こると、メラニン色素が蓄積して消えにくいシミにつながります。また、軽い怪我などであっても、手で擦ってしまうなどの摩擦が加わることでシミが悪化することがあります。怪我やニキビ部分にはできる限り摩擦を加えないよう意識すると良いでしょう。

ストレスやホルモンバランスの乱れ

ストレスが続くと、メラノサイトという色素細胞が活発化し、メラニン色素の生成が促されることでシミにつながりますまたホルモンバランスが乱れると、プラスミンというメラノサイトを活性化する物質が生成されることでシミができやすくなります。ストレスとホルモンバランスの乱れは、シミに対してどちらも影響を及ぼしていることがわかるのではないでしょうか。ホルモンバランスの乱れは、出産や更年期などの影響が大きく、女性ホルモンの分泌が関連しています。ストレスの蓄積や、ホルモンバランスの乱れが悪化しないように、生活習慣を見直す必要があります。

自宅でできるシミの改善方法

  • 紫外線対策を行う
  • 生活習慣の改善を行う
  • スキンケアを徹底する

自宅でできるシミ対策について、どのようなものがあるのか詳しくみていきましょう。

紫外線対策を行う

外出時間の工夫やUVケアなど、紫外線に当たらないような対策を継続して行ってください。紫外線量が多い10〜14時の間は外出を避けるのがおすすめです。日照時間の長い5〜7月や雪が降る季節の外出も要注意です。紫外線を反射する性質がある雪で日中過ごすと、気づかないうちに日焼けしてしまい、シミを引き起こします。反射光よる日焼けも考慮して、帽子やサングラスだけでなく、日焼け止めクリームを忘れずに塗布しておきましょう。

適切な洗顔方法
PASPF場面
+++50以上・山や海などでほとんどを過ごす
・海水浴やスキー
・紫外線に当たると炎症を起こしやすい方
++/+++30〜50・海近郊やリゾートなどの屋外で過ごす
・サッカーやテニスなど
++10〜30・ジョギングなど屋外での軽めのスポーツ
・公園やプール施設
+10〜20・短時間の散歩
・ショッピング
・日常生活すべて

日焼け止めクリームは、上記の場面を参考に使い分けることで、肌への負担を抑えられます。PAは紫外線のA波を、SPFにはB波を防ぐ効果があります。

シミの原因になるのはB波です。一方、A波は窓ガラスなどの透過作用があるため、どちらも意識して対策を図る必要があります。日常生活に応じて使い分けながら、最低でも2〜3時間おきの塗り直しがコツです。

生活習慣の改善を行う

日頃の食生活を見直すことで、シミ対策が図れます。シミ対策と聞くと、野菜や果物をイメージする方が多いかもしれませんが、そのほかの食材にも必要な栄養素が含まれています。

シミ対策に効果的な栄養素
名称食材の代表例効果
L-システイン・豆腐
・肉
・マグロやカツオ
・牛乳 など
・メラニン色素の生成を抑える
・抗酸化作用
・ターンオーバーを促進する
βカロテン・にんじん
・モロヘイヤ
・かぼちゃ
・柑橘類 など
・抗酸化作用
・ターンオーバーを促進する
・骨の成長を促す
ビタミンC・トマト
・キウイ
・ピーマン
・ブロッコリー など
・コラーゲンを生成する
・抗酸化作用
・メラニンの沈着を防ぐ

シミ対策に効果が期待できる栄養素は、上記のように身近なスーパーで手軽に購入できるものが多いです。一つの栄養素に対して含まれる食材が多いのもメリットと言えます。

たとえばトマトが苦手な方はキウイやブロッコリーを食べてビタミンCを取り入れるなど、臨機応変な対応が図れるでしょう。

一方で、上記の食材を取り入れること自体が難しい方は、サプリメントを活用してみるのもおすすめです。ご自身のライフスタイルに合わせながら、シミ対策に有効な栄養素を取り入れてみてください。

スキンケアを徹底する

40代からできたシミが悪化しないように、正しいスキンケアを実践してみてください。

たとえば洗顔は、ぬるま湯を使ってよく泡立てた泡で丁寧に行います。手で触れないように、顔全体に広げて洗ったら、しっかりとすすぎます。すすぎ残しは肌ダメージにつながるため、鏡を活用しながらしっかりと落としてください。

またタオルの拭き取りも摩擦につながりやすいので要注意です。肌をタオルで優しく包み込むイメージで、軽く押さえ拭きしましょう。丁寧さと優しさを意識したスキンケアの継続が、シミの改善につながります。

自宅で対策しづらいシミについて

・そばかす
・肝斑
・脂漏性角化症
・後天性メラノサイトーシス

シミがなくなるように、日々のケアを実践しているのになかなか良くならないという方がいるかもしれません。その場合、上記のようなシミができている可能性があります。そばかすや肝斑などのシミは、自宅でのケアだけでは改善が難しい傾向にあり、クリニックでの治療が必要なこともあります。

渋谷美容外科クリニックのシミ治療
・ヴィーナスヴェルサ
・Qスイッチヤグレーザー
・レーザートーニング など

上記は渋谷美容外科クリニックが行っている代表的なシミ取りレーザー機器です。レーザー機器以外にも、塗り薬や内服薬など、さまざまな治療法を取り揃えています。いくつかの治療法の中から、シミの種類に合わせた治療プログラムを提案します。

気になる方は、お気軽に渋クリの無料カウンセリングへお越しください。

40代のシミは見た目にどんな影響を与える?

40代でできるシミは、実年齢が同じであっても、見た目年齢におよそ20歳近くの差を及ぼすことが研究結果からわかっています

46〜49歳の女性に行われた見た目年齢の研究によると、シミやしわが多いほど、老けて見えやすいことが示されました。また、顔の形よりも肌質のほうが、見た目年齢に影響を及ぼすことも明らかになっています。

40代の丁寧で正しい方法でのスキンケアが重要であり、肌状態の改善を図ることで、見た目年齢の向上や維持につながると言えます。

見た目年齢を左右しやすい40代のシミはクリニックで治療を受けよう

40代でできるシミは、紫外線や肌ダメージなどが原因で起こります。シミにはいくつかタイプがあり原因も異なるため、種類に合わせたケアや治療を受ける必要があります。

ホームケアだけで改善がみられない方は、クリニックでのシミ治療を受けると綺麗に消せるかもしれません。渋谷美容外科クリニックでは、さまざまなシミに対応できるレーザー機器などの治療法を多数取り揃えています。

専門の医師により、シミや肌の診察を丁寧に行い、ベストな治療法をお伝えするので安心です。カウンセリングは無料なので、まずは話だけ聞いてみたいという方も、お気軽にお越しいただけます。

オンライン相談も無料なので、気になる方は渋クリのカウンセリングをぜひお申し込みください。

こちらの記事を読んだ方に!
オススメのシミ記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックについて

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる