【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

できてしまったシミの対策方法は?原因や発生の仕組みについて解説

「いつの間にかできたシミって治せるの?」すでにできてしまったシミをどのようにケアすれば良いのか悩んでいる方は多いはずです。

シミがなくなる仕組みや改善方法を実践することで、理想の肌へ近づけるでしょう。ここでは、シミができる原因や、すでにできたシミの対策法についてご紹介します。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

【自宅でできる】できてしまったシミの対策方法

  • 黒メラニンの生成/酸化を抑える
  • ターンオーバーを促進する
  • シミ治療を受ける

すでにできてしまった気になるシミは、どのような対策を取れば綺麗にできるのでしょうか。ここでは、上記のような3つの方法を紹介します。それぞれについて詳しくみていきましょう。

黒メラニンの生成/酸化を抑える

黒メラニンと呼ばれるシミのもとになる成分の生成や酸化を抑えることで、シミを薄くできます。

黒メラニンは、紫外線がきっかけで作られて、肌の内部で酸化し色調が濃くなります。そのため、日光に当たる機会そのものを減らすか、紫外線対策を図ることが大切です。仕事やプライベートで外出する機会が多い方は、日焼け止めクリームを塗布する方法がおすすめです。

手足以外に、耳や首の後ろ側も日焼けしやすいため、塗りムラがないように鏡を使いながら丁寧に塗布します。日焼け止めクリームは、少ない量ではあまり効果がないため、たっぷりと使い、2〜3時間おきに塗り直すのがポイントです。

ターンオーバーを促進する

ターンオーバーの乱れを改善することで、メラニン色素を肌から排出できるため、シミ対策につながります。

たとえ、肌内部にメラニンができてしまったとしても、ターンオーバーが正常であればシミのもとを体外へ排出できる仕組みです。ターンオーバーの乱れにつながるような生活習慣を過ごしていないか、ストレスや睡眠不足になっていないかなど見直してみましょう。

シミ治療を受ける

シミ治療とは、医療機関で行えるレーザーを使ったシミ取り治療を指します。

一般的な内服や塗り薬よりも効果が出やすく、使用するレーザーによっては1度の施術で治療が完了することがあります。そのため、長期的にじっくりと治したい方よりも、気になるシミをすぐに綺麗にしたいという方に向いている治療法と言えるでしょう。

また、レーザー照射した肌は、ターンオーバーが促進されることでコラーゲンが作られるため、施術前よりも毛穴が引き締まる効果が期待できます。毛穴の開きなど、肌質が気になる方にもおすすめの施術と言えます。

渋谷美容外科クリニックでは、QスイッチYAGレーザーなど3つの機器を取り揃えています。肌質やシミの種類に合わせた最適な治療法を提供しますので、気になる方は渋クリの無料カウンセリングにお気軽にお申し込みください。

【種類別】シミができてしまう原因とは

種類原因
老人性色素斑紫外線、ケチラノサイトの遺伝子異常
雀卵斑紫外線、遺伝的な要因、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れなど
炎症後色素沈着けがや火傷
肝斑紫外線、遺伝的な要因、ホルモンバランスの乱れ、妊娠など

上記の表からもわかるとおり、シミには老人性色素斑などさまざまな種類があり、それぞれ発生原因が異なります。

一方で、炎症後色素沈着を除く3つのシミに共通しているのは「紫外線」であることもわかります。そのため、日焼け対策にくわえ、それぞれのシミに合わせた予防法を取ることが、シミを作らない一番の近道と言えるでしょう。

できてしまったシミが治る仕組みについて

すでにできてしまったシミは、正常なターンオーバーサイクルによって排出できます。

シミのもとは、メラニンと呼ばれる黒い色素が原因です。ADMを除き、表皮の深い位置にできたシミを治すには、皮膚表面にメラニンを押し出して排出する必要があります。そのため、これ以上シミを濃くさせないよう対策を取りながら、ターンオーバーを整えることが大切です。

一方で、セルフケアでシミを薄くすることは可能ですが、綺麗に治すことはできません。そのため、できてしまったシミを綺麗にしたい場合には、セルフケアにくわえて医療機関でのレーザー治療を受ける必要があります。

レーザー治療では、シミのもとになるメラニンを分解できます。古い角質と同じように、ターンオーバーによって徐々に皮膚表面に浮かび上がることで、シミが排出され綺麗になります。

シミができないように予防する方法は?

  • 紫外線対策を行う
  • 生活習慣の改善
  • 美白化粧品の使用

シミができる原因や種類はさまざまであり、完全に予防することは難しいかもしれません。

一方で、シミができにくい肌を作ることは可能です。ここでは、シミを作りにくくするための予防法について3つご紹介します。これ以上シミを増やさないためのセルフケアを、できる範囲で実践してみてください。

紫外線対策を行う

屋内にいてもこまめに日焼け止めを塗るなど、紫外線対策を意識して行いましょう。

屋外ではPA++++、SPF50+の日焼け止めがおすすめです。肌トラブルがなければ屋内でも同様の数値の日焼け止めを使用してかまいません。一方で、肌への負担が気になる方は、PAやSPF値の低い低刺激性の日焼け止めを使うのも良いでしょう。

また、車内にいるときも肌は紫外線に晒されている状態なため、日焼け止めクリームや紫外線予防のアイテムを忘れずに活用してください。

生活習慣の改善

食事とスキンケアの見直しと改善を行いましょう。食事は、シミ予防に効果的なビタミンを意識して摂取してみてください。

シミ予防に効果的な食べ物
ビタミンCブロッコリー、いちご、キウイなど
ビタミンAチーズ、レバー、バターなど
ビタミンEナッツ、アボガド、うなぎなど

ビタミンと聞くと野菜や果物をイメージする方が多いかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。乳製品や豆類など、さまざまな食材にビタミンは含まれていて、種類も豊富です。

すべてを満遍なく取り入れることが理想ですが、忙しい方はサプリメントを活用するのも良いでしょう。ご自身の生活スタイルに合わせた方法を取り入れてみてください。

また、洗顔の見直しも手軽にできる方法なためおすすめです。適切な洗顔は肌の摩擦と乾燥予防につながります。

適切な洗顔方法
・洗顔はホイップクリーム状に泡立てる
・手で顔に触れ合いように、泡だけで洗顔する
・清潔なタオルで軽く押し拭きする

ホイップクリーム状とは、泡を逆さまにしても落下しない状態を指します。泡は洗浄力とクッション性が高いため、メイクや皮脂汚れを綺麗に除去できて、摩擦予防が可能です。上記のような洗顔が実践できているでしょうか。ご自身のやり方を今一度見直してみてくださいね。

美白化粧品の使用

美白化粧品を活用すれば、シミができにくい肌を作ることができます。美白化粧品には、以下のような働きがあります。

美白化粧品の効果
メラニンの生成を抑えるアルブチン、ハイドロキノン、ルシノール、ビタミンC誘導体など
すでにできたメラニン色素を薄くするビタミンC誘導体など

アルブチンなどの成分は、メラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きを抑えることで、シミの生成を防ぐ効果があります。

ビタミンC誘導体には、メラニン生成を抑える以外に、色素そのものを薄くする抗酸化機能があるのも特徴です。また、皮膚の角質化を抑える作用があるため、老人性色素斑に対して特に有効であることが示唆されています。

一方で、ビタミンC誘導体は酸化しやすく、経口摂取では肌まで効果が浸透しにくいことがわかっています。そのため、ビタミンCが含まれる美白化粧品を選ぶ場合には、肌への浸透力があるアイテムを選ぶのがおすすめです。

すでにできたシミはセルフケアとレーザー治療で綺麗に治せる

すでにできてしまった気になるシミは、メラニンの生成や酸化を抑えることで綺麗にできますが、セルフケアだけでは完全に消せません。

そのため、セルフケアを続けながら、医療機関で行えるシミ取り治療も併用して行う必要があります。シミ取り治療は、ほぼ1回の施術でシミを綺麗に治せるため、忙しい方やすぐに効果を感じたい方におすすめな治療法と言えるでしょう。

渋谷美容外科クリニックでは、3種類のレーザー機器を取り揃えています。シミの種類や原因は何か、専門の医師が診断し丁寧に対応するため、納得のいく施術が受けられます。無料カウンセリングを行っているため、シミの原因を知りたいという方も、安心してご来院できます。適切なセルフケアについてもアドバイスしますので、話を聞いてみたいという方は、ぜひ渋クリにお越しください。

こちらの記事を読んだ方に!
オススメのシミ記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックについて

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる