【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

妊娠中にシミやそばかすができやすいのは本当?原因や改善方法について

「妊娠したらシミが増えてきた」「妊娠中にできたそばかすってもう治らないの?」

妊娠の影響でシミやそばかすが増えてきたと感じる方がいるかもしれません。妊娠の影響でシミやそばかすができやすくなるのは事実なのでしょうか。今回は、妊娠中にできるシミやそばかすとの関連性や改善方法についてご紹介します。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

妊娠中にシミやそばかすができやすいって本当?原因は?

妊娠中は、ホルモンバランスの関係によりシミやそばかすができやすくなります。

シミの元になるメラニン色素が増えて、皮膚に沈着するためです。女性にできやすい「肝斑」と言うシミが目立つ傾向にあり、妊娠中に悪化することから「妊娠性肝斑」と呼ばれます。

妊娠性肝斑は、口周囲や額、頬骨にできやすく、帯のようにシミが現れるのが特徴的です。一般的なシミと違い、妊娠が原因でできたシミは、出産とともに徐々に改善されるケースがほとんどです。妊娠によって乱れたホルモンバランスが整い、メラニン色素の生成が抑えられていきます。

このように一過性にできる「妊娠性肝斑」ですが、肌に負担のかかる習慣を続けていると、出産してからもシミやそばかすが残り続ける可能性があります。妊娠性のシミやそばかすが出産後にしっかりと改善できるように、適切な対策を取ることが大切です。

妊娠中にできたシミの改善方法

  • 生活習慣の改善
  • 紫外線対策を行う
  • 身体を温める

妊娠中にできるシミは、産後に改善していくケースがほとんどですが、対策を誤ると一般的なシミ同様に肌に残り続ける危険性があります。これからご紹介するシミの改善方法を参考に、シミが残り続けないような対策を図っていきましょう。

生活習慣の改善

美肌に良いとされる食材を取り入れて、メラニン色素の生成を抑える食生活を続けてみましょう。

おすすめの栄養素はビタミンCとビタミンEです。ビタミンCには肌のハリや弾力を保つ働きのあるコラーゲンが豊富に含まれていて、シミを薄くする効果が期待できます。また抗酸化作用のあるビタミンCとEの摂取により、肌質改善や肌トラブルの予防につながります。

野菜や果物の中でも特にブロッコリーやレモン、いちごなどにビタミンが多いため、意識して日頃の食事に取り入れてみてください。食事で野菜や果物を摂取することが難しい方は、サプリメントの活用もおすすめです。

また食事の他に、質の良い睡眠をとることも大切です。十分な睡眠は、肌のターンオーバーを整えるため、シミの元になるメラニン色素の排出につながりやすくなります。室温や寝具調整、アロマを使うなど、しっかりと眠れるような環境づくりを積極的に行いましょう。

一方で、ストレスが溜まりすぎると不眠につながりやすくなり、ホルモンバランスの乱れを引き起こすことがわかっています。適度な運動や趣味を楽しむなど、ストレス発散につながるような対策を図ることも大切です。気分転換できる時間を意識して設けるよう心がけてみましょう。

紫外線対策を行う

メラニン色素の肌への沈着は、紫外線の影響で起こりやすくなるため、日々の対策を徹底して行ってください。

直射日光は、肌へ特にダメージを与えてしまいます。部屋にいるときも意識して日焼け止めクリームを塗り、外出する場合は日傘やアームカバーなどUVカットアイテムを活用しましょう。メイクをしない日も、外出時は必ず日焼け止めクリームを塗るなど紫外線対策を行い、習慣化していくと良いでしょう。

また、日焼け止めクリームは、汗などで落ちやすいため、2〜3時間おきの塗り直しがポイントです。日焼け止めクリームはSPFの数値が高いほど、紫外線予防の効果が強いですが、肌への負担が大きくなる傾向にあります。

そのため、室内はSPF10程度の日焼け止めクリームを塗るなど、場所によって使い分けると良いでしょう。また3〜9月までが特に紫外線が強い時期なため、日中の外出は控えるなど、より意識した紫外線対策がおすすめです。

外出時間を調整できる場合は、紫外線が多くなる10〜14時の時間帯の外出はできる限り行わないようにしましょう。

身体を温める

身体を温めることで血流が促され、肌のターンオーバーが整いやすくなります。

妊娠中におすすめの身体の温め対策は入浴と食事です。食事は、ビタミンなど肌に良い栄養素を積極的に取り入れてください。特に、冷たい飲み物からホットドリンクに変えるなど、温かい食べ物を取り入れることで、代謝アップにつながります。

胃腸の負担軽減にもつながるためおすすめです。また入浴に関しては、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かり身体を洗うことで、汗や皮脂汚れを綺麗に洗い流せます。熱めのお湯は皮膚へ負担をかけてしまうため、身体は温まりますが、肌へは逆効果です。

入浴後は時間が経つと身体が冷えてしまうため、圧迫しない靴下を履くなど、脚を温める服装を意識してみてください。

妊娠中にシミと肌荒れが併発するのは関係ある?

妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが活性化するため、シミだけでなく肌荒れも起こりやすくなります。

黄体ホルモンには、皮脂分泌を活発化させる働きがあります。妊娠10〜15週までが特に増加するため、ニキビや吹き出物などの肌荒れが起こりやすくなるのが特徴です。またつわりによる栄養不足や便秘も重なることで、肌荒れが悪化しやすくなります。

妊娠中は代謝が上がることで汗をかきやすくなるため、皮膚かぶれもみられる傾向にあります。シミ対策で紹介した紫外線予防などの改善方法に加えて肌の刺激を抑えるような対策も並行して行うことが大切です。

シミをできるだけ綺麗にしたい場合

肝斑プログラムの治療がおすすめです。

「妊娠中にできたシミがなかなか消えない」「産後薄くなったシミを綺麗に治したい」方におすすめなのが、渋谷美容外科クリニックが提供する肝斑プログラムです。

肝斑プログラム
基本治療①レーザートーニング(頬と鼻)×4回

②美白内服液(1ヵ月分)
(パントテン酸カルシウム特別内服+医療用アスコルビン酸)
5万4,780円(税込)
オプション治療・トラネキサム酸(1ヵ月分)
・ハイドロスティックなど
4,400円(税込)
3,300円(税込)

妊娠性肝斑は、一般的なシミ治療で行われるレーザー治療では悪化する可能性があります。

ホルモンバランスの乱れなどが主な原因である妊娠性肝斑は、継続して肌に炎症が起きている状態です。紫外線が影響でできる一般的なシミと発生原因が異なるため、適さない治療法を受けてしまうとシミが消えなくなる可能性があります。

そのため、皮膚に刺激を与えすぎずに少しずつシミを治していく、肝斑に適した治療を受ける必要があります。「肝斑プログラム」は、レーザートーニングと呼ばれる穏やかな出力が可能なレーザー照射と内服治療を並行して行う治療法です。

レーザー治療で直接除去するだけでなく、身体の内からもシミに強い肌を目指せるため、効率的に綺麗な肌を目指せます。出力の弱いレーザーなため、最低でも3回はレーザートーニングを受ける必要がありますが、徐々にシミが薄くなるためご安心ください。

また、妊娠性肝斑以外の色素沈着やシミにも効果が期待できるため、肌質そのものの改善を行いたい方にもおすすめです。肝斑プログラム以外にも、さまざまな治療法を取り揃えていますので、興味のある方はお気軽に渋クリの無料カウンセリングにお申し込みください。

妊娠中にできたシミやそばかすが消えない場合はクリニックを受診してみましょう

妊娠すると、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が増えるため、シミやそばかす、肌荒れが起こりやすくなります。

妊娠性肝斑と呼ばれるシミは、ホルモンバランスの乱れに伴う一時的なものなので、産後は自然となくなるケースがほとんどです。一方で、紫外線対策を怠っていたなど適切な予防策を行っていないと、シミやそばかすが消えずに残ってしまう場合があります。

残り続けたシミは、生活習慣の見直しなどのセルフケアで薄くはできますが、以前のように綺麗に失くすことは難しい傾向にあります。気になるシミやそばかすを、綺麗に治したい場合には、美容外科などの専門のクリニックで治療を受けるのがおすすめです。

渋谷美容外科クリニックでは、肝斑専用の治療プログラムをご用意しています。もちろん、肌質やシミの発生部位に合わせたそのほかの治療のご提案も可能です。

ご自身のシミが妊娠性肝斑なのかわからないという方も、シミの種類や原因を丁寧に診察し、最適な治療法をご提案します。話だけでも聞いてみたいという方は、まずはお気軽に渋谷美容外科クリニックの無料カウンセリングへお越しください。

こちらの記事を読んだ方に!
オススメのシミ記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックについて

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる