医療レーザー脱毛の渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

【医療従事者監修】【ニキビ治療】悩めるニキビ・ニキビ跡に。ニキビの種類と原因別の治療方法

渋谷美容外科クリニックHOME > ニキビ治療TOP > 【医療従事者監修】【ニキビ治療】悩めるニキビ・ニキビ跡に。ニキビの種類と原因別の治療方法

子どもから大人まで抱えやすい肌トラブルのひとつがニキビ。正しく治療をしないと、肌に赤い跡がずっと残ってしまう恐れもあります。また、ニキビは治ったと思っても、同じ箇所に繰り返しできる「ニキビループ」も厄介です。ニキビやニキビ跡にお悩みの方に、ニキビができる原因、種類、そして治療方法を解説します。

ニキビの種類

ニキビの種類はさまざまで、症状の進行レベルによっても分かれます。治療前に今お悩みのニキビはどの段階のものなのか、原因や特徴を確認してみましょう。また、「思春期ニキビ」「大人ニキビ」といった、世代によって分かれたニキビの特徴も解説します。

ニキビの進行レベル

特徴・見分け方 原因
初期ニキビ 肉眼では確認できない。肌の内部に皮脂が溜まりやすくなっている。 男性ホルモンの過剰な働きや乾燥によって、肌のバリア機能が低下している。
白ニキビ まだ白くて小さなニキビ。白い膿が溜まっていて、次第に皮膚が膨らんでいく。 角栓によって毛穴が詰まり、内部の皮脂が十分に排出されずに、溜まってしまう。
黒ニキビ 白ニキビの皮脂が空気中で酸化するため、黒ずんでいる。鼻や小鼻にできることが多い。 毛穴が開き、毛穴内部に溜まっていた皮脂が皮膚に表出してしまう。
赤ニキビ 赤みがかった凹凸ができる。きちんとした治療をしないと、ニキビ跡が残る恐れがある。 白ニキビの状態から、アクネ菌が皮脂を栄養にして増殖する。赤く腫れ、炎症を起こしてしまう。
黄ニキビ 赤みのある腫れや黄色がかった膿。あごや頬、髪の生え際などに多い。 白ニキビや赤ニキビの炎症が激しく悪化し、化膿してしまう。黄色い膿が外へ出ようとする。

思春期ニキビと大人ニキビの特徴

ニキビは世代別でも種類が異なります。20歳を境に分けて「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2つがあり、それぞれできる場所や原因も違います。簡単にそれぞれの特徴をチェックしてみましょう。

思春期ニキビの特徴

・中学生から20歳前後までの成長期にできやすい
・額や鼻の周りなどの「Tゾーン」にできやすい
・男女ともに、男性ホルモンによる皮脂分泌が一時的に増加することが原因
・身体の成長過程で毛穴がまだ小さく、皮脂が詰まりやすい

大人ニキビの特徴

・20歳以降の大人にできやすい
・口周り、あご、頬、首などの「Uゾーン」にできやすい
・不規則な生活はじめ、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどが原因
・ライフスタイルの変化やメイクの習慣で、肌の状態が変わる

あなた症状はどのレベル?ニキビ診断で確認してみよう

ニキビの重症度診断
軽度 片顔に炎症性のにきびが5個以下
中度 片顔に炎症性のにきびが6個以上20個以下
重度 片顔に炎症性のにきびが21個以上50個以下
最重度 片顔に炎症性のにきびが51個以上

参考:慶応義塾大学病院医療・健康情報サイト「にきび(尋常性ざ瘡)」

部位別に見るニキビの種類

ニキビは部位ごとに、特徴や原因が異なります。ここでは画像と合わせて、部位別にニキビの種類や原因を解説していきます。

顔のニキビ

顔のニキビは「髪の生え際」「Tゾーン」「鼻」「口周り」「頬」「顎・フェイスライン」にできやすいものです。 顔はもっとも目立つ部位なので、触ってしまうことでニキビを繰り返してしまうケースも珍しくありません。 皮脂詰まりや乾燥、ホルモンの乱れやや洗顔料のすすぎ残しなど、部位によって原因もさまざまです。 そのため部位ごとに原因を見極めて、正しい処置を施すことが重要です。
主な原因
・髪の生え際:皮脂、洗髪剤
・Tゾーン:皮脂詰まり、乾燥、前髪による刺激や整髪料の汚れ
・鼻:毛穴の皮脂詰まり
・口周り:乾燥、胃の働きの低下や不調
・頬:乾燥、生理などによるホルモンバランスの乱れ、髪の毛や寝具の接触による刺激
・顎、フェイスライン:皮脂汚れ、洗顔料のすすぎ残し

首ニキビ

首のニキビは、首の前後にできます。首は衣類で擦れやすく、紫外線にも当たりやすい部位です。 また首の後ろは自分ではなかなか見えず、洗い残しがそのままになってしまうことも多くあります。 さらに首のニキビは衣類との擦れや汗などの影響により、治りが遅かったり、悪化しやすい点も厄介です。
主な原因
・ホルモンバランスの乱れ
・すすぎ残し
・血行不良
・紫外線

胸ニキビ

胸は意外とニキビで悩む方が多い部位です。汗をかきやすいため蒸れやすく、皮脂分泌も多いことが原因として挙げられます。 思春期ニキビは皮脂分泌が原因のほとんどですが、大人ニキビの場合はそれ以外が原因と考えられます。
主な原因
・汗や皮脂による汚れ
・下着や洋服の化学繊維
・下着の締め付け
・肌に合わない、または刺激が強すぎるボディソープやシャンプー・ストレス、生活習慣の乱れ
・ストレス、生活習慣の乱れ

背中ニキビ

背中のニキビは治りにくい点が特徴で、年齢や性別に関係なくできるものです。 また皮脂腺も多いため、ニキビが悪化しやすい部位でもあります。 自分の目で見て確認できないことで、ケアがおろそかになりやすい点も要注意です。原因はさまざまなので、しっかりと見極めて正しいケアをすることが重要です。
主な原因
・皮脂や汗
・乾燥
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・ストレス
・真菌(カビ)

お尻ニキビ

デリケートゾーンに近いお尻のニキビは厄介なもの。座ると痛みを感じたり、日常生活に支障をきたす場合もあります。 悪化すると痛みが増すため、気づいた段階で早めのケアが必要です。 一般的には蒸れやすい、暖かい季節にできやすくなります。
主な原因
・汗や汚れの詰まり
・下着による蒸れ
・下着や服による摩擦
・体重による負荷
・不規則な生活
・食生活の乱れ

お悩み別に見る!ニキビの治療方法

ニキビ治療は、原因除去治療(予防)、炎症ニキビの治療、ニキビ跡の根治療など、種類がさまざまです。ニキビの進行状況やできている場所に合わせた治療方法を、いくつかご紹介します。

思春期ニキビと大人ニキビの治療法

・外用薬
・内用薬
・ピーリング
・レーザー治療

洗顔は1日2回を限度に、洗いすぎは控えましょう。スクラブ入りの洗顔料で強く擦るのも、肌に刺激を与えてしまいます。普段のスキンケアから、ニキビができにくい肌づくりを心掛けましょう。大人ニキビで悩む方は、まず生活習慣や食生活を見直してみるとよいかもしれません。また、専門クリニックに通い、ピーリングやレーザー治療などを受ければ早期改善が見込めます。

ニキビ跡の赤み、色素沈着、シミの治療法

ニキビ跡の赤み  NO.001 Before:施術前
ニキビ跡の赤み  NO.001 After:施術後

・外用薬
・内用薬
・ピーリング
・レーザー治療
・ビタミンCイオン導入

肌のターンオーバーによってニキビ跡の赤み、色素沈着、シミは薄くなります。しかし、メラニンが肌の真皮まで達している場合、自然治癒は難しい状態です。色素沈着は、専門クリニックが取り扱う外用薬やピーリング、ビタミンCイオン導入などで改善可能です。

ニキビ跡の凹凸肌、毛穴の開きの治療方法

ニキビ跡の凹凸肌  NO.001 Before:施術前
ニキビ跡の凹凸肌  NO.001 After:施術後

・外用薬
・ダーマペン
・ピーリング
・レーザー治療
・フラクショナルレーザー

クレーター状の過剰に開いた毛穴は、炎症による肌組織の破壊が原因で、一生治らないと思われがちです。 しかし、専門クリニックで受けられる、肌の再生力を高めるフラクショナルCO2レーザーなどの方法で治療可能です。

ニキビができる8つの原因

体質や肌質によって差はありますが、ニキビができる原因は明確です。 ニキビ予防や正しいケアのためにも、原因はしっかりと押さえましょう。 ここではニキビができる8つの原因をご紹介します。

①皮脂、角質、汚れ

皮脂は人によって分泌量が異なりますが、毛穴に詰まることで炎症を起こしニキビができます。 また角質や汚れが詰まることでも、同じように炎症を起こします。 これらが毛穴に詰まることで皮脂の排出を妨げ、膿が溜まることでニキビの状態が徐々に悪化していくのです。 特に皮脂の過剰分泌が起こりやすい思春期は、ニキビもできやすい年代です。

②乾燥

大人ニキビは思春期ニキビと反対に、乾燥によってできやすくなるものです。 肌が乾燥していると皮膚のはうるおいをキープするために、皮脂の分泌を促します。 これが過剰に分泌されてしまうことで、皮脂が毛穴に詰まりニキビへと進行してしまいます。 そのため皮脂がない状態が良いわけではなく、乾燥も同様にニキビ発症の大きな要因となるものです。

③ストレス

ストレスはニキビできやすくなるだけでなく、ニキビの鎮静も遅くなってしまいます。 ストレスはまず体の調整を優先するため、肌の炎症を抑える効力が低下するのです。 これによりお肌の免疫力が低下し、ニキビの炎症が進行。さらにお肌が再生しにくく、ニキビ跡にもなりやすくなってしまいます。

④生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは食生活の乱れによる栄養不足、睡眠不足がニキビ発症に大きく関係します。 脂肪分や糖分の過剰摂取、ビタミンB不足には要注意です。 またカロリー不足もお肌に栄養が行き渡らず、ニキビができやすくなります。 そして睡眠はお肌の修復に欠かせないもの。 不規則な睡眠や夜更かしは、お肌のターンオーバーの遅れや、肌細胞活性化に必要な成長ホルモンの分泌低下の原因です。

⑤ホルモンバランス

思春期や女性特有のニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因です。 思春期はホルモンバランスが崩れやすく、皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。 一方女性は、生理前にホルモンバランスが崩れやすいものです。 さらにホルモンはストレスや食生活などでも乱れやすいため、日々規則正しい生活を心がけましょう。

⑥間違った肌のお手入れ

頻繁な洗顔は必要な皮脂が不足し、余計な皮脂分泌が促されることでニキビが発症する原因となります。 そしてクレンジング不足は、毛穴汚れによりニキビができやすくなります。 またお肌は刺激に弱いため、強く擦る洗顔もNGです。

⑦紫外線

紫外線はお肌が毛穴詰まりしやすくなるだけでなく、ニキビの炎症も促進します。 日焼け止めだけではカバーできない部位もあるため、ビタミンCやビタミンB2も積極的に補いましょう。

⑧冷え

冷えの原因は、血行不良による代謝の低下です。これは結果的にお肌の栄養不足や乾燥、ホルモンバランスの乱れにも直結します。 そのため荒れやすい肌質となってしまい、ニキビにも悩まされやすくなってしまいます。

ニキビの予防はセルフケア、治療は専門クリニックで!

ニキビができる主な原因は皮脂の過剰分泌ですが、その種類やできる部位はさまざまです。 思春期ニキビや大人ニキビなど、世代によって異なる特徴もあります。 ニキビは普段のスキンケアや生活習慣による予防が大切です。 しかし、セルフケアでは限界もあり、専門クリニックでの治療が必要な場合もあります。 早期改善を望む方は、一度渋谷美容外科クリニックへご相談ください。

渋谷美容外科クリニックのご紹介

渋谷院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

渋谷院  院長

中島 透 医師

1997年 千葉大学医学部卒業
1998年 東京厚生年金病院麻酔科臨床研修医
1999年 千葉県救急医療センター集中治療科勤務
2000年 千葉大学医学部付属病院形成外科勤務
2004年 君津中央病院形成外科勤務
2005年 千葉大学大学院修了 医学博士号取得
2006年 千葉労災病院形成外科医長
2008年 渋谷美容外科クリニック立川院 院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック渋谷院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
  • 日本法医学会会員
渋谷院地図
住所
東京都渋谷区渋谷1-14-9
藤和宮益坂ビル8・9F
渋谷駅東口徒歩1分
診療時間
月・木・金(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・水
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新宿院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新宿院  院長

野口 道男 医師

1993年 埼玉医科大学卒業
1993年 埼玉医科大学総合医療センター形成外科学入局
1995年 神奈川美容外科クリニック
1998年 好生堂クリニック開業
2014年 渋谷美容外科クリニック新宿院 院長就任
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本マイクロサージェリー学会
新宿院地図
住所
東京都新宿区新宿3-23-1
都里一ビル2F
新宿駅東口徒歩1分
診療時間
月・水(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・木・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

池袋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

池袋院  院長

峯岸 季清 医師

2003年 日本大学医学部医学科卒業
2003年 日本大学医学部付属病院麻酔科入局
2005年 昭和大学病院形成外科入局昭和大学病院関連病院に勤務
2013年 渋谷美容外科クリニック横浜院 副院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック池袋院 院長就任
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本創傷外科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
池袋院地図
住所
東京都豊島区南池袋2-27-8
南水ビル7F
池袋駅東口徒歩3分
診療時間
月・火・水・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
木(すべて祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

横浜院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

横浜院  院長

松田 秀則 医師

1989年 香川医科大学医学部卒業
1993年 国際形成外科学会賞受賞
(端側神経縫合による神経再生に関する研究)
2003年 久保田潤一郎クリニック
2007年 日本美容外科学会 特別賞受賞
(PRP注入による顔面老化皮膚再生の可能性)
2009年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
2016年 渋谷美容外科クリニック横浜院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 国際形成外科学会会員
  • NPO法人 日本アンチエイジング医療協会理事
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
横浜院地図
住所
神奈川県横浜市西区南幸2-11-1
横浜MSビル7F
横浜駅みなみ西口徒歩4分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新橋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新橋院  院長

楊 美優 医師

2014年 秋田大学医学部医学科卒業
2014年 大学病院形成外科院 勤務
2017年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
  •  
新橋院地図
住所
東京都港区新橋2-18-9
第3光和ビル4F(くすりの福太郎内)
新橋駅銀座口徒歩0分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00
医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには、日本形成外科学会 形成外科専門医、麻酔科標榜医、
日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本美容外科学会、
国際形成外科学会会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医等が
在籍しており、監修のもと運営を行っております。

池袋院 院長 峯岸 季清

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長 中島 透

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長 野口 なつ美

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長 野口 道男

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長 松田 秀則

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長 楊 美優

新橋院 院長
楊 美優