今月のおトクなキャンペーンはこちら

ニキビ跡の種類はどんなものがある?原因から予防方法まで詳しく解説

ニキビは治ったはずなのに、ニキビ跡が残ってしまった……。そんな経験はありませんか?ニキビ跡はニキビが悪化することで残りやすくなります。この記事ではニキビ跡の原因や予防法などを解説。ニキビが気になる人は、ニキビ跡を残さないためにも正しい知識をつけてニキビを改善しましょう。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

ニキビ跡にはどんな種類がある?

ここではニキビ跡の種類について紹介します。

ニキビが発症し炎症が起こり、最終的に膿んでしまうことで、様々な種類のニキビ跡が残ります。ニキビがよくなったあとでもニキビ跡が目立つ状態になる場合もありますので、参考にしてみてください。

赤み

ニキビがよくなったとしても、炎症が残っている場合があります。これはニキビの炎症により毛穴の周りの細い毛細血管が集中し赤く見えることが原因です。毛細血管が傷ついてしまうと、赤みが出てきます。この赤みをニキビと間違い刺激してしまうと、さらに傷つき赤みが続くので注意しましょう。血管の損傷が続くと自然治癒することは難しいので、皮膚科への受診がおすすめです。

色素沈着

色素沈着は、茶色くなることが多いニキビ跡です。これはニキビによる炎症によって作られたメラニンが原因です。ニキビの肌は、ターンオーバーが乱れているので古い角質が残ったままになります。こうしてメラニンが肌に残ってしまい、結果として色素沈着につながります。

紫外線を浴び続けるとメラニンが続けて生成されるので、色素沈着を避けるためにも日焼けには注意しましょう。

クレーター

クレーターは、肌にみられる凸凹状のニキビ跡です。皮膚の深い部分でひどい炎症を起こすと発生します。具体的には毛穴の周りが細長く陥没したり、幅広くぼこぼこしたり、台形状にえぐれることもあります。

クレーターが発生する原因は、炎症により皮膚が破壊されることで起きる過剰な修復です。皮膚の深い部分はターンオーバーができず、結果としてコラーゲンの過剰な修復が起きます。この過剰な修復によって以前のような肌に戻ることはできず、陥没したクレーターとなります。

しこり

ニキビが治っても、皮膚の表面が膨れてしまったことはありませんか?これは皮膚の深い部分に炎症が起こり、その修復段階で皮膚の細胞が過剰に再生されるのが原因です。

こうしてできるしこりですが、痛みなどはほとんどありません。別の皮膚疾患である粉瘤(ふんりゅう)に間違われることもあるので、大きな膨れやしこりの状態になれば、早めに医療機関に相談しましょう。

ケロイド

何度も同じ箇所にニキビができることで起こるニキビ跡がいわゆる「ケロイド」です。皮膚の炎症と再生が繰り返し起こることで、徐々にニキビ跡がひどくなってしまいます。

あごのあたりやフェイスラインに沿ってできることが多く、ニキビ跡のなかでもひどい症状なので、自然治癒はあまり期待できません。

ニキビ発症の原因

ニキビが発症する原因は、毛穴の慢性的な炎症です。毛穴には脂腺性の毛包があり、皮脂腺から皮脂が分泌されます。毛穴が詰まることで皮脂が外に出られずたまり、そこにアクネ菌と呼ばれるニキビ菌が発生して炎症を起こします。

思春期の性ホルモンの異常な分泌ストレス睡眠不足食生活の乱れなどから、皮脂腺からの皮脂が多く分泌されます。

ニキビ発症の仕組み

STEP
角質肥厚が起こる

肌のターンオーバー機能が乱れることで、毛穴の周りの角質がはがれなくなり皮膚が厚く、硬くなります。そういった悪影響が、分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまう原因につながるのです。また古い角質も毛穴にたまりやすくなってしまいます。この時にみられる、プツプツした症状がニキビの初期症状です。

STEP
毛穴の入口がふさがる

毛穴からの皮脂が外に出られず固まることで、コメド(面ぽう)と呼ばれる毛穴が詰まった状態になります。皮脂が毛穴の入り口を栓のように塞ぎ、角化異常という肌の一番外側の角層部位が分厚くなる状態に。この時の肌は触るとザラザラします。

STEP
毛穴内に皮脂がたまる

コメドにより毛穴の入り口がふさがり、余計に皮脂が表に出てこなくなります。結果、さらに皮脂が毛穴の内側にたまってしまいます。

STEP
アクネ菌が繁殖し炎症に

ニキビの原因であるアクネ菌は、正常な状態でも肌に住み着いている常在菌です。皮脂を栄養とするので、毛穴内に皮脂が過剰にたまることで、アクネ菌が増殖します。その結果、アクネ菌に対する抵抗で皮膚が赤くなり、炎症につながります。

STEP
炎症が悪化し膿がたまる

炎症が続くことでニキビが重症化し、膿が出てきます。また炎症が強くなることで、皮脂の増加により広がった毛穴の壁が破られ、さらに炎症につながり膿が広がってしまうのです。ここまでニキビが進んでしまうと、ニキビが治ったあとでもニキビ跡が目立ってしまいます。

ニキビ跡を作らないために注意すべきこと

  1. ニキビを潰さない
  2. 紫外線対策を行う
  3. 洗顔時の洗い過ぎに注意する
  4. しっかりとケアを行う

ニキビは思春期や性ホルモンの乱れが原因なので、どうしても避けられないことも。しかし、ニキビケアをしっかりすることでニキビ跡を作らないようにすることも可能です。ニキビ跡を作らないためのポイントをみていきましょう。

ニキビを潰さない

白く膨れているニキビ、黒く見えているニキビ、潰したくなりますよね。医療機関でもニキビを潰す治療を行う場合があります。しかし自分でニキビを潰すことはやめましょう。自分でニキビを潰すことで、周りの皮膚が傷ついたり、菌が入って化膿したりする可能性があります。こうしてニキビが悪化することで、結果としてニキビ跡につながってしまいます。白いニキビが勝手に潰れてしまった場合は、手で触らないことが重要です。洗顔を行い、清潔に肌を保ちましょう。

紫外線対策を行う

紫外線対策は、ニキビやニキビ跡の治療に重要です。紫外線によりニキビの炎症がひどくなり、メラニンの生成が増えることで、色素沈着のニキビ跡につながりやすくなります。また紫外線はニキビだけでなく、シミやシワの原因にも。肌トラブルを起こしやすいので、紫外線対策はしっかり行いましょう。肌への日焼け止めを使う、日傘をさす、サングラスをかけるなど、普段からの紫外線対策がおすすめです。

洗顔時の洗い過ぎに注意する

洗顔時にも注意しましょう。ニキビがある敏感な肌を、大きめのスクラブが入った洗顔料でゴシゴシ洗っていませんか?強くこすることで、ニキビが潰れたり、皮膚が傷ついたりします。さらにニキビを悪化させ、ニキビ跡の原因になるので注意しましょう。また熱過ぎるお湯での洗顔もおすすめしません。熱いお湯での洗顔後は、さっぱりしたように感じますが、必要な皮脂まで落としてしまうので乾燥肌の原因になります。

しっかりと洗顔後のケアを行う

洗顔後は、しっかり保湿を行いましょう。きちんとした肌ケアが肌の新陳代謝を促し、ニキビ跡をできにくくします。敏感肌の方は、自分にあったケアを行うことも重要です。ケアを行う場合もゴシゴシこするのではなく、丁寧に行いましょう。

美容外科でのニキビ跡の治療|料金や特徴

美容外科における、ニキビ跡の治療方法について紹介します。自分の肌に合った治療を行うことが重要なので、ニキビ跡が気になる方は、当クリニックに気軽にご相談ください。

ダーマペン4

料金¥38,500
特徴日本の厚生労働省にあたる、米国の機関であるFDAより承認を受けている治療です。ダーマペン4は、髪の毛よりも細い超極細針でお肌に小さい細い穴を開けます。それにより傷ついたお肌が回復していく過程で、コラーゲンやエラスチンを大量に生成させ、きれいなお肌に再生が可能です。

イオン導入

料金¥9,900
特徴イオン導入は、微弱な電波を流しながらビタミンCやビタミンAを導入する治療方法です。微弱な電流を流すことで、皮膚のバリア機能が一時的に解除され、肌へ有効成分が入りやすくなり、皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが期待できます。余分な角質を取り除くケミカルピーリングの後に行うと、吸収がよくなるのでさらに効果的です。

ケミカルピーリング

料金¥5,500
特徴ケミカルピーリングは、古い角質層をはがし新しい皮膚の再生を促す治療法です。皮膚のターンオーバーの正常化が期待できます。皮膚の表面にピーリング剤を塗布し、古い角質や毛穴の汚れを溶かします。毛穴を小さくする効果があるので、ニキビ治療にもおすすめです。また施術後のダウンタイムもあまりありません。

フラクセル2

料金¥25,300
特徴フラクセル2での治療は、一定間隔おきにミクロン単位のレーザーを肌に照射します。古い肌を新しい肌へ入れ替える効果です。肌質改善や毛穴を小さくする効果もあります。他にも小ジワやシワなどにも効果的なので、肌のトラブルが気になる方におすすめです。ダウンタイムのないことが特徴的です。

Eマトリックス

料金¥44,000
特徴Eマトリックスは、高周波をフラクショナルレーザーにより照射する治療方法です。レーザーの光を照射する微細な点状の間に、健常組織を残すことでダウンタイムが短くなる利点も。毛穴の開きや黒ずみの解消に期待できます。

Vビーム

料金¥37,950
特徴Vビームレーザーは赤ニキビレーザーとも呼ばれている通り、赤ニキビの治療、赤ニキビ跡の除去に効果的な治療法です。肌の赤い色素にのみ反応するVレーザーにより、皮脂腺にダメージを与えることで、肌の赤みを軽減が期待できます。

ヴィーナス フラクショナル

料金¥25,300
特徴ヴィーナス フラクショナルは、「使い古した肌」を「新しい肌に入れ替える」治療法です。従来の肌治療、レーザー治療と比較すると圧倒的な美肌効果を得ることができます。

ニキビ跡が気になる場合には、美容皮膚科・美容外科クリニックでの治療をお試しください!

ニキビが発生する仕組みや跡の種類、ニキビ跡を作らないためのポイントを紹介しました。ニキビ跡治療は自費診療になることが多く、一般の皮膚科では取り扱っていない場合があります。美容皮膚科はニキビ跡への治療の実績も多いため、ニキビ跡が気になる方は専門のクリニックへ受診することをおすすめします。

ニキビ治療が気になる方はぜひ渋クリの無料カウンセリングにお越しください。オンライン相談も行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ニキビの人気記事ランキング

この記事を読んだ方にオススメの

ニキビ関連記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックのご紹介

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる