今月のおトクなキャンペーンはこちら

白ニキビはなぜできる?原因と自宅でできるスキンケアについて

ニキビはその進行度によって4種類に分類されます。今回は、最も初期の段階である「白ニキビ」に着目します。白ニキビにならなければ、目立つニキビになることはありません。白ニキビの原因を理解して、日頃のスキンケアを心掛けましょう。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

白ニキビとその他ニキビの種類

種類状態
白ニキビ(閉鎖面皰)汚れや皮脂などで毛穴が詰まった初期ニキビ
黒ニキビ(開放面皰)皮脂が溜まり黒く酸化した状態
赤ニキビ(紅色丘疹)アクネ菌が皮脂を栄養に繁殖し、炎症を起こした状態
黄ニキビ(膿疱性丘疹)赤ニキビが悪化し、化膿した状態

ニキビはその進行度により、4種類に分類されます。

ニキビ発生の原因は、アクネ菌という細菌の繁殖ですが、何らかの原因で皮脂の分泌が亢進すると、この菌が増殖してしまいます。これが少し進むと、皮脂とアクネ菌が毛穴を塞いで白い状態になります。これがいわゆる「白ニキビ」です。

ニキビの最も初期の段階であり、この白ニキビが酸化すると、黒く変色した「黒ニキビ」へと変化します。この段階では、まだニキビで炎症は起こっていません。

白ニキビや黒ニキビが悪化して赤く盛り上がると、「赤ニキビ」となります。アクネ菌が過剰に増殖し、皮膚に炎症を起こした状態です。赤ニキビの炎症が更に進むと、黄色い膿(うみ)が見える「黄ニキビ」へと変化します。状態の悪化によって毛穴の壁が壊れ、皮脂や角質などが漏れ出して黄色く見える状態を指します。

白ニキビの特徴とは

白ニキビは、学術的に白色面皰(めんぽう)」あるいは「閉鎖面皰」と呼ばれています。その字が示すとおり、白ニキビは毛穴が閉じており、白いふくらみが見える状態です。逆に、毛穴が開いて先端が黒く見えるニキビが黒ニキビであり、「黒色面皰」あるいは「開放面皰」と呼ばれます。

白ニキビが発生する原因とは

白ニキビの原因

  1. ターンオーバーの乱れ
  2. 毛穴が小さくなっている
  3. 皮脂の過剰分泌

ターンオーバーの乱れ

皮膚では、ターンオーバー(古い角質が剥がれて新しい角質へ生まれ変わること)が通常1ヶ月周期で繰り返されています。

しかしこの周期が乱れると、古い角質が残ったまま徐々に厚くなり、毛穴が小さくなる、もしくは塞がってしまいます。その結果、皮脂は排出されず溜まっていってしまい、アクネ菌が繁殖、ニキビが生成されます。

ターンオーバーが乱れる原因として、様々な生活習慣の関連が指摘されています。例えば、喫煙、睡眠不足、食事環境、心理的ストレス運動不足などに起因します。

皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥脂質の多い食事が多いと、皮脂の分泌が過剰となります。毛穴が小さい状態で、皮脂が過剰に分泌されると、毛穴から皮脂が排出されず、徐々に溜まっていきます。その結果、白ニキビが形成されやすくなります。

【白ニキビができないために】スキンケアのポイントとは

自宅で行うスキンケアのポイント

  1. 洗顔時には、力の強さに注意する
  2. 洗顔後はすぐに保湿する
  3. メイクや紫外線対策には注意が必要

洗顔時には、力の強さに注意する

皮脂が気になるからといって、強く、何度も洗わないよう注意しましょう。肌に強い刺激を与えると、必要な角質を除去してしまい、更に、必要な皮脂も除去して肌が乾燥してしまいます。

洗いすぎは逆に、ニキビができやすい肌へと変えてしまうので控えましょう。刺激の少ない洗顔料をしっかり泡立てて、手指は肌に触れないように洗うのがポイントです。

洗顔後はすぐに保湿する

洗顔後の肌は湿っていますが、この水分が蒸発する際、肌の水分も一緒に蒸発してしまうため、結果前よりも乾燥してしまいます。乾燥が続くと、肌は潤いを取り戻そうと、皮脂を過剰に分泌させてしまうので、余計に皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。洗顔後は化粧水などですぐに保湿しましょう。

化粧水を選ぶ際、「ノンコメドジェニックテスト済み」の商品がおすすめです。低刺激性で、ニキビができにくいことが実証されています。商品の裏面に記載がありますので、商品選びの参考にしましょう。

メイクや紫外線対策には注意が必要

毛穴やニキビを隠そうと、ファンデーションを厚く塗ることは控えましょう。ファンデーションを落とすために、念入りなクレンジングが必要となり、逆に肌に強い刺激を与えることになります。更に、落とし残しがあると、毛穴を閉じてしまい、ニキビの原因となります。ファンデーションは油分が少なく、クレンジングで落としやすいものを使いましょう。 

また、紫外線を浴びると、皮膚のバリア機能の低下を引き起こします。バリア機能が低下すると、肌を守るために角質を増やしてしまい、毛穴の詰まりにつながります。更に、紫外線は皮膚の乾燥をも引き起こし、ニキビの原因となります。帽子や日傘などの紫外線対策や日焼け止めが有効です。
クレンジングや日焼け止めについても、ノンコメドジェニックテスト済みのものを選びましょう。

どうしてもニキビが治らない場合はどうしたらいい?

どうしてもニキビが治らない場合はどうしたらいい?

どうしてもニキビが治らない場合には医療機関を受診しましょう

渋谷美容外科クリニックでは、段階に応じたニキビ治療が可能です。豊富な治療メニューを取り揃えていますので、患者さまの肌質に合わせた治療を提供しています。プライバシーにも配慮した個室での施術を行っていますので、ご安心ください。無料カウンセリングも実施していますので、お気軽にご相談ください。

白ニキビの原因と対処法をしっかりと理解しましょう!

白ニキビはまだ炎症が起こっていない初期段階です。つまり、白ニキビを悪化させないことがニキビを悪化させるか否かの分かれ道となります。

原因を理解した上で適切なスキンケアをすれば、改善させることは十分に可能です。もしも「自分で可能な限り対処してもニキビが悪化してしまう」「ニキビができやすくて悩んでいる」という場合は、本格的なニキビ治療をおすすめします。

その際にはぜひ渋クリの無料カウンセリングにお越しください。 また渋クリではオンライン相談も行っていますので、お気軽にご来院ください。

ニキビの人気記事ランキング

この記事を読んだ方にオススメの

ニキビ関連記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックのご紹介

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる