今月のおトクなキャンペーンはこちら

座ると痛いおしりニキビ!原因は何?ニキビ跡にもおすすめしたい治療法も解説!

座ると痛みを感じることもあり、日常生活に支障をきたすこともあるおしりニキビは、デリケートゾーンにも近いため相談しづらく一人で悩まれている方も多い症状です。

この記事では、お尻ニキビの原因や自宅で出来る対処法から医療機関での治療法についてご紹介します。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

おしりニキビの原因と対処法

お尻は服の摩擦の影響や体重の負荷を最も受けやすい部位であるため、摩擦や蒸れがニキビ発生の原因の一つであることが多いです。日々の生活の中で、長時間の圧迫や蒸れる環境を避けるように行動することもニキビケアの一つです。さらに、通常のニキビと同様に不規則な生活や偏った食生活などにも要注意。それが要因で体のバランスが崩れ、肌のターンオーバーのリズムが乱れることや、ストレスなども悪影響ですので注意が必要です。
ここでは、おしりニキビの原因と自宅で手軽にできるケアとその他の対処法をご紹介します。

長時間の圧迫、ムレを避ける

長時間の圧迫や蒸れがある状態はアクネ菌が増殖されやすい環境。スキニーやジーンズといった体と密着するような衣服の長時間着用を見直すだけでも効果的です。また、運動後など汗を多くかいた日はこまめに着替え、長時間座り続ける状況を減らしましょう。それだけで改善効果が得られる場合もあります。

お風呂でのケアを丁寧に

ニキビができにくい肌状態を作るコツは、常に肌を清潔に保つことです。シャワーで簡単に入浴を済ませるのではなく、湯船にしっかりと浸かって毛穴の汚れを浮き上がらせ、丁寧に洗うことを心がけましょう。乾燥した肌状態もニキビには大敵のため、入浴後の保湿ケアも入念に。

洗浄力が強すぎるボディーソープを使用している場合は、刺激が強すぎるため肌の乾燥を引き起こし、ニキビ発生の原因になります。その際は、使用しているボディーソープを洗浄力の弱いものに変更して様子を見ましょう。

市販薬(軟膏やクリーム)でケア

アクネ菌が原因であるニキビの症状が見られる場合は、オロナインなど市販のニキビ治療薬で効果が得られる可能性も。患部が赤く炎症している場合はステロイド系の軟膏を使用することで、症状が治まる可能性もあります。

また、服の擦れによる刺激が原因でニキビが発生する場合は、保湿ケアに力を入れることで症状が落ち着くこともあります。この場合はボディーローションでケアをしましょう。

生活習慣の改善

揚げ物やジャンクフード、お菓子といった油分や糖分が多い食べ物は、毛穴詰まりや皮脂の過剰分泌の原因になります。そのため、魚や肉、野菜などで良質なたんぱく質やビタミンなどを摂取するように心がけるとよいでしょう。また、寝不足やストレスにより、おしりニキビが発生するケースもあるため、十分に睡眠をとるなどストレスを溜め込まないようにすることも必要。外的な要因だけでなく、内的な要因に目を向けることで根本的な体質改善に繋がります。

医療機関で治療する

おしりニキビに似ている症状

セルフケアで改善が見られない場合や繰り返すニキビの場合は医療機関での治療が適していることもあります。また、ニキビだと思っていてもその他の症状の可能性もあるため、ニキビと似ている症状について解説していきます。

細菌感染症

黄色ブドウ球菌などの細菌が毛包に感染することで、発生するのが「毛のう炎」や「せつ」といった細菌感染症です。「毛のう炎」は毛包の浅い箇所にでき、炎症が深くまで拡大すると「せつ」になるといった特徴があります。

化膿性汗腺炎

お尻や脇などに発症することがある化膿性汗腺炎は、ゆっくりと慢性的に細菌感染を繰り返すのが特徴の皮膚疾患です。赤いブツブツの症状が見られ、稀ではありますが長期間放置すると皮膚がんの発生に影響を与えます。

粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤はアテロームとも呼ばれる脂肪の塊が原因の良性皮下腫瘍です。通常1~5㎝程度の大きさですが、状況によっては10cm程度まで肥大化することも。皮膚表面の近い所に発症するため、外部からの刺激や細菌感染による痛みを伴うこともあります。お尻にできる大きな粉瘤は、稀に悪性のものもあるため、早期の摘出手術をオススメします。

性器カンジタ症

デリケートゾーンにかゆみや痛みを感じる場合は、性器カンジタの症の可能性があります。元々、人間の体内に存在するカンジタ菌ですが、免疫力が落ちている時など何らかの影響によって引き起こされることがあります。デリケートゾーン周辺に違和感がある場合は、産婦人科や泌尿器科の受診をしましょう。

医療機関でのおしりニキビ治療法一覧

早く治したい、繰り返しおしりニキビが出来る、ニキビじゃないかもしれない、ニキビ跡が残らないように医療機関で治療したいというあなたに、ここではおしりニキビに対して医療機関でどのような治療法があるのかをご紹介します。

  • 内服薬
  • 外服薬
  • レーザー
  • ケミカルピーリング
  • イオン導入
  • 光治療(IPL)

自宅でのケアに力を入れているのに「繰り返しのニキビ」「ニキビ跡がなくならない」などで悩んでいる場合は医療機関でのニキビ治療がおすすめです。専門医の診断のもと、肌質や体質を見極めて自分にあった治療法で確実におしりニキビを治療していきます。また、「繰り返しのニキビ」の場合は年代によって原因が異なります。いずれの場合も、早期の治療を行わなければ肌質がどんどんと悪化していきます。

おしりのニキビ跡の主な治療方法

  • フラクショナルレーザー
  • ケミカルピーリング
  • イオン導入
  • 光治療(IPL)

お尻のニキビ跡の場合は上記の4つの治療法が効果的です。ニキビ跡は自然と治すことが難しいのも特徴です。もしニキビ跡を気にしている場合は、クリニックでの治療を検討してみてはいかがでしょうか?

座ると痛いおしりニキビを改善!無料カウンセリングで自分にあったクリニック選びを

長時間座るなど日常的な行動も原因となっているお尻ニキビ。何度も繰り返し発症し、時には痛みを感じてしまうことも。お尻ニキビは専門医による適切な治療で改善効果を得ることができます。自宅でのケアでも改善がみられにくい場合は、クリニックでの治療もおすすめです。

渋谷美容外科クリニックではニキビの原因除去治療(予防)・炎症ニキビの治療・ニキビ跡の根治療法など肌の状態を見極めた上でカスタマイズするオーダーメイドの治療法で、ニキビ跡を残さずニキビのできにくい肌質へとサポートしていきます。おしりのニキビが気になる方はぜひ 渋クリの無料カウンセリングにお越しください。

\簡単1分で完了/

ニキビの人気記事ランキング

この記事を読んだ方にオススメの

ニキビ関連記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックのご紹介

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる