今月のおトクなキャンペーンはこちら

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)とは?原因や対処法まで詳しく解説

「黄ニキビができたらどうすればいいの」と悩んでいる人がいらっしゃるのではないでしょうか。黄ニキビ(嚢胞ニキビ)は、炎症が進行して化膿した状態です。綺麗に直しても、ニキビ跡として残るケースがあるため放置は禁物ですよ。ここでは、黄ニキビ(嚢胞ニキビ)ができる原因や対処法を詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)とは?ニキビの種類も解説

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)は「尋常性ざ瘡」と呼ばれる皮膚疾患の一つで、炎症を起こした赤ニキビが化膿して黄色みがかったニキビを指します。 髪の生え際や頬、あごに多い点が特徴です。黄ニキビ(嚢胞ニキビ)は、「急性炎症期」という初期段階を脱し悪化した状態のため、抗菌薬と呼ばれる細菌やウイルスの繁殖を抑える薬での治療が必要です。

ニキビの種類について

ニキビには大きく4つの種類が存在します。レベルが大きくなるほど、悪化した状態のニキビです。

ニキビの種類

白ニキビ発生したばかりのニキビで毛穴が閉じている
黒ニキビ初期のニキビで毛穴は開いている
赤ニキビ白・黒ニキビが進行して炎症を起こしている
黄ニキビ赤ニキビが進行して、黄色がかった膿が見えている

赤や黄ニキビにまで悪化すると、ニキビそのものが治っても、ニキビ跡として皮膚にボコボコと痕を残す可能性があります。 そのため黄ニキビを見つけたら、早めに治療するのがおすすめです。

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)ができる原因

ニキビができる原因

・ホルモンバランスの乱れ
・皮脂分泌の増加
・メイクや皮脂汚れ
・ストレス
・不規則な食事

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)は、上記のようなニキビの原因が積み重なって、赤ニキビが悪化することが原因です。 そのため、ニキビ治療のガイドラインに沿った治療薬のご使用と日常生活の見直しがニキビ治療への近道と言えます。

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)ができてしまったらどうしたらいい?

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)に発展する前に治したいニキビですが「気づいたときには黄ニキビになっていた」というケースもあるはずです。 そのような場合には、以下のような対応を行うとよいでしょう。

  • 自宅でケアを行う
  • 皮膚科に行く
  • 美容外科で治療する

ここでは、それぞれの対処法について詳しく解説していきます。

自宅でケアを行う

自宅でのケア方法としては、一般用医薬品や化粧品を使用したセルフケア方法があります。ですが、あくまでも「軽症のニキビ」に関してだけなので、赤や黄ニキビへ進行してしまった場合には、皮膚科や美容外科での治療がおすすめです。 理由は、例えセルフケアでニキビ症状が改善したとしても、ニキビ痕が残るケースが多いからです。また、ニキビの原因は人によって異なるため、美容外科や皮膚科の医師に判断してもらうことで、効率的な改善が期待できます。 できる限りニキビ跡を残したくないという方は、セルフケアと皮膚科や美容外科クリニックでの治療を併用してみてくださいね。

皮膚科に行く

ニキビはアクネ菌と呼ばれる皮膚の常在菌の増殖で悪化するため、皮膚科での黄ニキビ治療には抗菌薬が使用されるのが通常です。最近では、抗菌薬にBPOやアダパレンと呼ばれる毛穴の詰まりを改善する外用剤を併用するケースが増えてきました。炎症を抑えるだけでなく、再発しないようにニキビの原因から治療するという意味では、とても理にかなった治療内容と言えるのではないでしょうか。 皮膚科は、保険適用をベースとした基本となるニキビ治療が可能です。ニキビを見つけたけれど、そこまで悪化していないケースの方は、皮膚科を受診するとよいでしょう。

美容外科で治療する

美容外科では、ご自身の肌質やニキビの状態に合わせてさまざまな治療を行えます。 短い期間で効率的に肌質の改善を行いたい方に適した治療法と言えるでしょう。渋谷美容外科クリニックでは、下記のようなニキビ治療が行えます。

渋谷美容外科で受けられるニキビ治療

ピーリング角質から表皮までのエリアを剥がれやすくして、肌のターンオーバーを促す施術
ダーマペン髪の毛のように細い針で肌に穴を開け、自浄作用を促すことで肌に適した成分を浸透させる施術
レーザー治療レーザー照射でニキビ跡や毛穴の開き、肌質を改善する施術
フラクショナルレーザーCO2レーザーを使用して、古い肌を新しい肌へ入れ替える施術
eマトリックス高周波を肌に照射して、ニキビ跡や毛穴の黒ずみを改善する施術
イオン導入弱い電流を通して肌の真皮までビタミンCやビタミンAを浸透させる施術。繰り返すニキビに効果が期待できる
内用薬イソトレチノインというニキビ治療薬を内服する。抗菌・抗炎症作用、皮脂分泌の抑制に効果が期待できる

皮膚科で行う内用・外用薬に加えて、ピーリングやダーマペンなど、重症化したニキビにも効果が期待できる治療法があるのが特徴です。気になるボコっとしたニキビ跡や赤み、毛穴の開きも丁寧な治療をご提案いたします。 セルフケアや、皮膚科受診でもあまりニキビが良くならなかった方にもおすすめです。お悩みの方は、まずはお気軽にカウンセリングからご相談ください。

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)を作らないための予防法5選

  • 日々のスキンケアを怠らない
  • 生活習慣を改善する
  • 乾燥を避ける
  • 皮膚に刺激を与えない
  • 清潔なもので肌に触れる

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)は、すぐに対処し治したとしても、ニキビ跡として残るケースが多いため、日頃からの対策が重要です。 おすすめの予防法について5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日々のスキンケアを怠らない

洗顔と保湿を忘れずに行いましょう。洗顔は優しく手がニキビ部位に触れないよう意識します。泡で転がすように洗い、すすぎ残しがないか丁寧にチェックします。洗顔後は、化粧水を使って肌の水分も保つよう心がけましょう。

生活習慣を改善する

バランスのとれた食事をするよう心がけて、腸内環境を整えましょう。睡眠を十分に取ることも大切です。 食事は、タンパク質やビタミン、食物繊維などの栄養素を偏りがないように取り入れるとよいでしょう。 おすすめは緑黄色野菜やきのこ類です。抗酸化作用が高い緑黄色野菜を食べることで、肌の再生力を高めます。 また、きのこ類には食物繊維が含まれるので、腸内環境が整って、取り入れた栄養素がしっかりと身体に吸収されますよ。 睡眠は、最低でも1日6時間は眠るよう意識してみてください。肌の修復には睡眠時間が関係するため、睡眠時間と睡眠リズムを整えた生活を行いましょう。

乾燥を避ける

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して、痒みを感じやすくなったり、炎症が起きたりします。そのため、日々の保湿と日焼け予防が大切です。 保湿に使用する化粧水は、ニキビができにくい成分を含んだ「ノンコメドジェニック」と記載されたものを使用するのがおすすめです。 また日焼けに関しては、ニキビ治療中の方は日焼けによる治療薬の副作用が出やすい傾向にあるので、意識したUV対策が必要になります。

皮膚に刺激を与えない

衣服や髪の毛の刺激を肌に与えないよう努めましょう。刺激によって肌のバリア機能が低下して、ニキビができやすくなるからです。黄ニキビ(嚢胞ニキビ)は、頬や髪の生え際、あごに特にできやすい特徴があります。 そのため、ファンデーションは控えめにしたり、あごや頬に手を当てるクセがある方は、意識して当てないようにしたりするのもおすすめです。

清潔なもので肌に触れる

肌を清潔に保つことが、ニキビ改善への近道です。洗顔や保湿の前には手洗いをしっかりと行い、顔や身体を拭くタオルは常に清潔なものを使用しましょう。

黄ニキビを見つけたら信頼できる美容外科クリニックですぐに治療しよう

黄ニキビ(嚢胞ニキビ)は、赤ニキビが悪化したことで膿が出だした状態です。見つけたらすぐに治療を行うことが、肌に負担をかけない解決策と言えます。セルフケアが基本とはなりますが、黄ニキビ(嚢胞ニキビ)まで進行してしまうと、自力で改善するのは難しいこともあるため、注意が必要です。

渋谷美容外科クリニックでは、無料カウンセリングを実施しています。どこで治療を受ければいいのかわからない方は、渋谷美容外科クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。肌の悩みやニキビの状態をチェックして、ご自身にあった治療法を丁寧にアドバイスいたします。

ニキビの人気記事ランキング

この記事を読んだ方にオススメの

ニキビ関連記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックのご紹介

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる