【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

Vライン脱毛とは?Vライン脱毛の範囲や形、恥ずかしさの有無などを解説!

Vライン脱毛とはどこまでの範囲を指すかご存知でしょうか?Vライン脱毛を行う上での基礎知識、気になる形やデザイン、自己処理についてもご紹介します。また、女性にとってよく耳にするVライン脱毛は恥ずかしいのでは?という疑問についても、実際の施術を踏まえ解説します。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

Vライン脱毛とはどこまでの範囲?

Vラインとは?

Vラインとは「両足の付け根の部分」です。形がV字に見えることからVラインと呼ばれます。

別名には「ビキニライン」というものもあり、下着や水着からはみ出す部分を指します。女性にとって人気の高い「Vライン脱毛」。自分の好みに合わせて脱毛することで、よりお洒落の幅を広げることができます。

Vライン脱毛はどこまでの範囲を脱毛できるのか?

VIO脱毛イメージ図

「V」「I」「O」は左の表のように、デリケートゾーンのそれぞれの部位を表しています。

Vライン脱毛はその中でもビキニライン正面から見た際にショーツからはみ出す範囲を脱毛できるのが一般的です。

Vライン脱毛の範囲は施術するクリニック、脱毛サロンで異なります。

一般的に多いのは下腹部のアンダーヘアの生えている範囲ですが、サロンによっては股先のわずかな部分を指す場合など、希望する範囲とは異なる可能性があります。

理想のVラインを叶えるためにも、施術を受ける前に、クリニック・サロンの「Vライン脱毛の範囲」を確認しましょう。

VIO脱毛とは?

VIO脱毛とはそれぞれどの部位を指すかご存知でしょうか?一般的なVIO脱毛の方法についてもご紹介します。

\ Vラインの医療脱毛 /

Vライン脱毛をすることで、清潔なデリケートゾーンを維持可能になり、水着や下着の着用時にムダ毛が気にならないといったメリットがあります。

Vライン脱毛のメリット

ここでは、Vライン脱毛のメリットについて解説します。

水着や下着の着用時にムダ毛が気にならない

Vライン脱毛を行うことで、ムダ毛を気にせず水着や下着などを楽しめます。

Vラインは意外に範囲が広いため、自分で「大丈夫」と思っていても目立ってしまう部分。しっかりとVライン脱毛を行うことで、安心して下着や水着を楽しむことができるのはVライン脱毛の大きな魅力と言えます。

清潔なデリケートゾーンを維持可能

Vライン脱毛を行うことで、デリケートゾーンを清潔に維持できます。

Vラインの毛を放っておくと、生理時におりものや血が絡んでしまい、ムレやかゆみに繋がってしまうことも。特に、ムレやすい時期は匂いが気になってしまう人も多いでしょう。

また、Vライン脱毛によって、ムダ毛が原因の肌荒れや湿疹などの予防可能。
デリケートゾーンに悩みを抱えている人にとってVライン脱毛は特に効果的です。

Vライン脱毛でできる形・毛量調節

Vライン脱毛といっても、様々な形やデザインがあります。実際のところどのような形にすればいいのか悩んでしまう人も多いかもしれません。

そこで今回は、人気のVライン脱毛の形・デザインを紹介します。

また、形やデザインだけでなく、気になる毛量を減らし、毛質調整もできるのかといった疑問も解決しましょう。

形・デザイン

スクロールできます
逆三角形本来の形をキープしつつ自然に整えた形です。
1番ナチュラルなので、初めての方や万人受けするデザインにしたい方におすすめです。
ハイジニーナ無毛型で全ての毛を脱毛するやり方です。
どんな下着や水着も堂々と楽しみたいという方におすすめです。
また生理時のかぶれや不快感などの軽減にもなります。
オーバル・扇形細長い丸い形や、扇のような形です。
ナチュラルだけど、見た目をしっかりと整えたい、形を綺麗に見せたいという方におすすめです。
I型細長い四角形の形です。
縦長の形にしたい方、無毛には抵抗があるのでほんの少しだけ毛を残したいという方におすすめです。
その他オリジナルでハートなど好みの形にもできます。
個性的な形にしたい方や、アンダーヘアもオシャレな形にしたいという方におすすめです。

\ ハイジニーナとは? /

ハイジニーナ脱毛についてわかりやすく解説。合わせてメリットや男性からの評判など気になるポイントも解説します。

毛量・毛質調節

Vラインは形やデザインだけでなく、毛量や毛質の改善も可能です。

毛を残す予定の部分も、最初の数回施術を行うことで、毛量を減らすことができ、毛を柔らかくする効果があります。

しかし必要な脱毛回数は個人差があるため、クリニックやサロンで相談しましょう。「剛毛で悩んでいる」、「毛質が堅くて悩んでいる」という方であれば、Vライン脱毛を行うことをおすすめします。

最初にVラインの全ての毛を脱毛したとしても、いきなり毛が生えてこなくなるということはありません。回数を重ね、少しずつ毛量が減っていき、毛質が柔らかくなるなど、効果を得ることができます。

Vライン脱毛を行う方法とは|それぞれのメリット・デメリットを解説

Vライン脱毛を行う方法は、大きく分けて自己処理とクリニックなどで行う脱毛の2つ。

ここでは、Vライン脱毛を行う方法の違いについてご紹介します。

自己処理

メリット・費用を抑えられる
・自宅でできる
デメリット・肌を痛めやすい
・思うような形に整えられない
・ケガや色素沈着の可能性もある

自己処理では、簡単に自宅で費用を抑えながらVライン脱毛を行えます。一方で、肌を痛めやすいというデメリットも。
カミソリやシェーバー、除毛クリームを用いて脱毛を行いますが、Vラインはデリケートな部分のため肌を痛めやすいです。

肌に必要な角質を剃ってしまったり肌が荒れて赤みやかゆみが出てしまう可能性も。
また、ケガや色素沈着に繋がる恐れもあります。

渋谷美容外科クリニックでの脱毛

メリット・肌に優しい脱毛が可能
・理想の形を目指せる
・クリニックでの剃毛サービス
デメリット・費用がかかる
・施術時間が必要

渋谷美容外科クリニックで脱毛を受ける場合、肌に優しい脱毛で理想のVラインを目指すことが可能です。

渋谷美容外科クリニックでは、脱毛部位や理想の形についてカウセリングした後、脱毛ルームで施術を行います。冷却ガスで冷やしながら、レーザーを照射。毛が伸びている箇所については、看護師が剃毛します。

施術後、脱毛部位に炎症を抑えるクリームもご用意しているため、安心して理想のVラインを目指せます。自宅で行う自己処理に比べ、費用と施術時間がかかりますが、肌へのダメージや衛生面を考慮するとクリニックでの脱毛がおすすめ。ぜひ、渋谷美容外科クリニックにご相談ください。

Vライン脱毛の疑問・注意点

Vライン脱毛時の自宅での自己処理はどうすればいいのか?Vライン脱毛は痛い?生理中の脱毛は可能なのか?といった疑問にお答えしていきます。

Vライン脱毛の自己処理はどのように行う?

自己処理の方法は、希望するVラインの形やデザインで変わります。「形を整えたい」場合、残したい部分以外は全て剃ります。「毛を無くしたい」「毛量を調節したい」場合、必要に応じて全て剃ります。

また剃る際の注意点として、毛を根元から抜くと、しばらく脱毛が行えなくなってしまうので、毛抜きは使用しない様にしてください。

きれいな形に剃るのが難しい場合にはガイドアイテムの使用がおすすめです。ガイドアイテムとは、アンダーヘア用のスタイル型シートで、そのテンプレートの形に沿って綺麗に剃ることができます。

また、クリニック・サロンによっては、無料でシェービングを行っています。渋谷美容外科クリニックでも施術前に無料で対応しています。

自分では剃りにくい部分でも、スタッフの方に脱毛範囲や脱毛効果が得られる最適な手法でシェービングをすることができます。

生理中の脱毛は可能?

クリニック・サロンによって対応が異なります。

衛生上の理由で生理中の脱毛をお断りするクリニック・サロンもありますが、タンポンなどの使用で施術可能なクリニック・サロンもあります。

ただし、生理中に施術を行うのであれば、生理中はホルモンバランスが崩れ、肌が敏感かつ痛みを感じやすくなるので注意が必要です。生理中に脱毛を行う際には、脱毛前に保湿ケアをおこなうことで、脱毛後の皮膚への負担を減らすこともできます。

生理不順や痛みに弱い場合は、自分の体に合わせた施術プランを考えましょう。

Vライン脱毛は恥ずかしい?施術の様子とは

クリニックでは、「Vライン脱毛時に他人に見られて恥ずかしいのでは?」という不安を減らすために、デリケートゾーンならではの工夫がされています。

具体的な対策としては、紙ショーツやガウンの着用です。施術中は紙ショーツやガウンをずらしながら、レーザーを照写するので、最大限にデリケートな部分に配慮して施術が行われます。

Vライン脱毛はデリケートな部分、綺麗にしたいけれど恥ずかしいからなかなか踏みだせない、という方も多いかもしれません。そうした方のために、渋谷美容外科クリニックでは女性の方が安心してVライン脱毛を受けられる配慮がなされています。

Vライン脱毛を検討中の方はまずはご相談ください!

Vライン脱毛の基礎知識をご紹介しました。

どのようなアンダーヘアの形やデザインが可能なのか、毛量や毛質が気になるという方は、まずは一度クリニックにご相談ください。痛みや生理期間の施術が心配な場合もお気軽にお問い合わせいただければと思います。

Vラインはデリケートな部分、躊躇してしまう方も多いと思いますが、ご紹介したように女性の恥ずかしさが減る工夫をしているクリニックがほとんどです。Vライン脱毛を検討されているのであれば、1人で悩まずに、一度カウンセリングに行かれてみるのもオススメです。

一歩踏み出しVライン脱毛を行うことで、ムダ毛を気にせず好きな水着や下着を堂々と身に着けることができます。また生理時の不快感が減るなどメリットがたくさんあります。Vライン脱毛で、思いっきりオシャレや生活を楽しみましょう。

Vライン脱毛に興味のある方はぜひ渋クリの無料カウンセリングにお越しください。また、オンライン相談も行っていますのでぜひお気軽にご相談ください。

こちらの記事を読んだ方に!
オススメの医療脱毛記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックのご紹介

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる