今月のおトクなキャンペーンはこちら

黒ニキビを改善!治らない理由やそもそも発生する原因も解説します

黒ニキビは、ニキビの最初の段階である白ニキビが悪化した状態です。しかし、黒ニキビではまだ炎症が起こっていないことがほとんどなため、改善の余地が十分にあります。ニキビを悪化させないため、そして、改善させるためにも、黒ニキビの段階で適切に対処する必要があります。黒ニキビができる原因を理解し、適切なスキンケアで対処しましょう。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

ニキビの種類とは

種類状態
白ニキビ(閉鎖面皰)汚れや皮脂などで毛穴が詰まった初期ニキビ
黒ニキビ(開放面皰)皮脂が溜まり黒く酸化した状態
赤ニキビ(紅色丘疹)アクネ菌が皮脂を栄養に繁殖し、炎症を起こした状態
黄ニキビ(膿疱性丘疹)赤ニキビが悪化し、化膿した状態

ニキビはその進行度により、4種類に分類されます。

ニキビ発生の原因は、アクネ菌という細菌の繁殖です。何らかの原因で皮脂の分泌が亢進すると、皮脂を栄養とするアクネ菌が増殖します。最初に皮脂とアクネ菌が毛穴を塞いで白くなる状態を迎えます。これを「白ニキビ」といい、ニキビの最も初期の段階です。

次に白ニキビが酸化されると、黒く変色した「黒ニキビ」へと変化します。
しかしこの段階では、まだニキビで炎症は起こっていません。

白ニキビや黒ニキビがさらに悪化して赤く盛り上がると、「赤ニキビ」となります。これはアクネ菌が過剰に増殖し、皮膚に炎症を起こした状態です。ここまで段階が進むとニキビ跡になる可能性があるので注意しましょう。

炎症が更に進むと、黄色い膿(うみ)が見える「黄ニキビ」へと変化します。放っておくと毛穴の壁が壊れ、皮脂や角質などが漏れ出して黄色く見えるようになってしまいます。

黒ニキビの特徴とは

黒ニキビは、学術的に「黒色面皰(めんぽう)」あるいは「開放面皰」と呼ばれています。毛穴が開いて、先端が黒く見えるニキビを指しており、黒色に見えるのは表皮のメラニンや酸化された皮脂の色が黒であるためです。

これに対し、毛穴が閉じており、白いふくらみが見えるニキビを白ニキビといいます。「白色面皰」あるいは「閉鎖面皰」と呼ばれています。

黒ニキビができやすい場所とは

黒ニキビは、顔の中でも特に、額、眉間や鼻など、いわゆる「Tゾーン」にできやすいという特徴があります。これらの部位は顔の中でも特に皮脂量が多いことが知られている。一般的に、「いちご鼻」と呼ばれる症状は、鼻に多くの黒ニキビができている状態を指します。

黒ニキビができる原因とは

黒ニキビができる原因は、白ニキビの放置や肌のケア不足です。白ニキビをそのままにしておくと、毛穴が開き、白ニキビ内の皮脂が空気中の酸素によって酸化され、黒く変色します。また、紫外線を浴びると、肌を守るために紫外線を吸収するメラニンを生成します。

【ニキビ予防】自宅でできるスキンケアのポイント

自宅で行うスキンケアのポイント

  • 洗顔時には、力の強さに注意する
  • 洗顔後はすぐに保湿する
  • メイクや紫外線対策には注意が必要

洗顔時には、力の強さに注意する

皮脂が気になるからといって、強く、何度も洗わないよう注意しましょう。肌に強い刺激を与えると、必要な角質を除去してしまい、更に、必要な皮脂も除去して肌が乾燥してしまいます。洗いすぎは逆に、ニキビができやすい肌へと変えてしまうので控えましょう。刺激の少ない洗顔料をしっかり泡立てて、手指は肌に触れないように洗うのがポイントです。

洗顔後はすぐに保湿する

洗顔後の肌は湿っていますが、この水分が蒸発する際、肌の水分も一緒に蒸発してしまうため、乾燥します。乾燥が続くと、肌は潤いを取り戻そうと、皮脂を過剰に分泌させてしまいます。洗顔後は化粧水などですぐに保湿しましょう。

化粧水を選ぶ際、「ノンコメドジェニックテスト済み」の商品が推奨されています。低刺激性で、ニキビができにくいことが実証されており、ニキビに悩む方にぴったりの商品でしょう。商品の裏面に記載がありますので、商品選びの参考にしましょう。

メイクや紫外線対策には注意が必要

毛穴やニキビを隠そうと、ファンデーションを厚く塗ることは控えましょう。ファンデーションを落とすために、念入りなクレンジングが必要となり、逆に肌に強い刺激を与えることになります。更に落とし残しがあると、毛穴を閉じてしまい、ニキビの原因となります。ファンデーションは油分が少なく、クレンジングで落としやすいものを使いましょう。

また紫外線を浴びると、皮膚のバリア機能の低下を引き起こします。もしもバリア機能が低下してしまうと、肌を守るために角質を増やしてしまい、結果として毛穴の詰まりにつながります。さらに紫外線は皮膚の乾燥をも引き起こし、これもニキビの原因となります。帽子や日傘などの紫外線対策や日焼け止めが有効です。

クレンジングや日焼け止めについても、ノンコメドジェニックテスト済みのものを選びましょう。

【黒ニキビができてしまったら】NG行為について

黒ニキビができてしまったときのNG行為

  • 刺激の強い洗顔料でゴシゴシ洗う
  • 自分でニキビをつぶしてしまう
  • 黒ニキビを除去するための鼻パック

刺激の強い洗顔料でゴシゴシ洗う

黒ニキビを治すために、手指での擦り洗いや刺激の強い洗顔料を用いた洗顔をしてしまいがちです。しかし、これらの行為は、逆にニキビを悪化させてしまう原因となりますので注意しましょう。刺激性の弱い、肌に合った洗顔料を選んで洗うことがポイントです。洗顔料をよく泡立てて、泡で洗うことを意識しましょう。擦らなくても、泡で十分に汚れや余分な皮脂は除去できています。

自分でニキビを押し出す

ニキビができてしまうと、つぶしたくなりますが、決して自分では押し出したり、つぶしたりしないようにしてください。自分でつぶしてしまうと、ニキビの奥で起こっている炎症を悪化させてしまう可能性があります。ニキビ跡も残りやすくなりますので、注意しましょう。

黒ニキビを除去するための鼻パック

黒ニキビは特に鼻に発生しやすいですが、これを除去しようと、鼻パックを使うことは控えましょう。パックを剥がすという行為は、肌に強い刺激を与えてしまいます。また、角質を除去すると、逆に毛穴を大きく広げてしまい、細菌や汚れが入り込んでニキビを作りやすくなります。

どうしても黒ニキビが治らない場合はどうしたらいい?

どうしても黒ニキビが治らない場合はどうしたらいい?

どうしてもニキビが治らない場合には医療機関を受診しましょう

渋谷美容外科クリニックでは、段階に応じたニキビ治療が可能です。豊富な治療メニューを取り揃えていますので、患者さまの肌質に合わせた治療を提供しています。プライバシーにも配慮した個室での施術を行っていますので、ご安心ください。ぜひ無料カウンセリングも実施していますので、お気軽にご相談ください。

セルフケアを行っても効果が見られない場合には、一度医療機関を受診しましょう

黒ニキビは毛穴が開いた状態です。つぶしたり、毛穴パックで取り除いたりすると改善する、という誤った認識が広まっていますが、絶対にやめましょう。これらの行為は黒ニキビを悪化させかねないため、控えるべきです。

今回の記事で紹介した対処法を実践すれば、黒ニキビを改善させることは可能です。しかし本格的な治療を行う方が、早期改善が見込めるでしょう。もしも適切なスキンケアを行っても改善が見られない場合は、美容クリニックなどで専門医に相談するのがおすすめです。

渋クリでは無料カウンセリングも行っています。「黒ニキビを改善したい!」と言う方はぜひ渋クリの無料カウンセリングにお越しください。またオンライン相談も受け付けているので、気軽にご相談ください。

ニキビの人気記事ランキング

この記事を読んだ方にオススメの

ニキビ関連記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックのご紹介

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる