【NEW】 今月のおトクなキャンペーンはこちら

お尻・Oライン脱毛はすべき?後悔しないために知りたい痛みや恥ずかしさの有無

Oライン脱毛を検討したことはありませんか?Oライン脱毛とはどのような範囲をさすのか、脱毛のメリットや恥ずかしいと感じさせないよう配慮された施術の様子をご紹介します。また気になる施術時の痛みや、その対処法、さらに施術前のセルフケアでの注意点など、聞きづらいポイントも解説します。

この記事の監修者
渋谷院 副院長
野口 なつ美
目次

Oライン脱毛とはどこまでの範囲を指す?

Oライン脱毛のイメージ図

Oラインとは、肛門周りの部位です。部位の形がO字に見えることから、Oラインと呼ばれています。目にする機会の部位ですが、毛が生えていること自体に恥ずかしさを覚える女性は少なくありません。

中にはVラインやIラインの脱毛はしていなくとも、Oラインだけ行う方もいらっしゃいます。

Oライン脱毛の範囲はどこまで?

具体的には肛門を囲むように生えている毛が対象です。しかし、おしりの毛はヒップの扱いとなり、Oライン脱毛の範囲ではありません。Oラインとヒップとは別部位であることを留意して施術に臨みましょう。

\Oラインの医療脱毛/

Oライン脱毛をすることで、ムレやにおいを防ぐことができたり、Tバックをはいたりしたときに、お尻がキレイに見えるようになるメリットがあります。

Oライン脱毛はした方がいいの?メリットは?

お尻の臭いやかぶれを抑えられる

Oラインの毛を処理するメリットはお尻を清潔に保てることです。Oラインの毛は、生える部分の性質上、どうしても排泄物や経血がつきやすく、臭いやかぶれの原因になってしまいます。そのため、Oラインの脱毛をすることで、良い衛生状態で日々過ごすことができるでしょう。

面倒な自己処理から解放される

Oラインは自己処理が最も難しい部位といえます。

そのため、自己処理をする時、お尻を切る恐れや、剃り残しのリスクがあり、とても危険です。また、剃るとチクチクするため、一度処理したら頻繁に処理しなければならなくなります。Oライン脱毛をすれば、こういった危険で面倒な手間を省くことができるのです。

時間とお金がお得になる

VやIライン脱毛をする場合に、Oラインも一緒にするか悩んでいるなら、VIOでまとめて脱毛した方が時間もお金もお得です。

VやIだけを処理した場合、これらの毛がなくなる、また少なくなることで、これまで以上にOの毛が目立ち、Oラインの脱毛をしなかったことを後悔する可能性も。

後々、脱毛をすると時間もお金もかかってしまいます。そのため最初からOライン脱毛も含め、まとめた脱毛がおすすめです。

Oライン脱毛は恥ずかしい?施術の様子

Oライン部分の脱毛は、その場所を考えると恥ずかしいのでは?と不安に思う方もいるでしょう。しかしデリケートゾーンならではの恥ずかしさが減るよう、施術は工夫されて行われます。

基本的に、施術はうつぶせの態勢で行い、紙ショーツをずらしながら照射されます。つまり、施術者になるべく「恥ずかしい」と感じさせないように、デリケートな部分に配慮して脱毛を行ってもらえます。

ただし施術方法はそれぞれのクリニック、サロンによって対応が異なります。施術当日になって恥ずかしい思いをするなどの後悔がないよう、事前にどのように施術するのかしっかりと確認しておくことをおすすめします。

Oライン脱毛の疑問・注意点

Oライン脱毛を受けるには自己処理は必要?

Oライン施術前に自己処理が必要かどうかは、施術を受けるクリニックやサロンで異なりますが、多くの場合、自己処理を行ってから施術することになるでしょう。

しかし、セルフケアで肌を傷つけると施術できない場合もあります。

渋クリでは、施術前の剃毛が無料なので、費用を抑えつつも自己処理よりも安全に剃毛を行えます。自己処理が不安な場合は、処理対応可能なクリニック、サロンを選ぶようにするとよいでしょう。

Oライン脱毛の自己処理はどのように行う?

Oラインの自己処理は、鏡を使って処理すると剃り残しを減らせ、ケガなども防げます。

その際、両手が使えるよう、自立する鏡を準備しましょう。

処理する部分に蒸しタオルを当てることで、毛や肌を柔らかくし処理しやすくなります。入浴後なども柔らかくなっているため、おすすめです。また、カミソリは肌を傷つけてしまう恐れがあるため、直接肌に刃が当たらないガードがついた電気シェーバーを使うとよいでしょう。

処理後は、ワセリンなどを塗ることで肌を保湿できます。施術前の自己処理は、肌が敏感になることから、通常2日前に行うようすすめられることが多いです。事前のカウンセリングで、自己処理の仕方もよく確認するようにしましょう。

Oライン脱毛は痛いの?

気になるOライン脱毛の痛みですが、Oラインは毛が太く、量も多いです。

また皮膚も薄いデリケートな部分であるため、他の部分より痛みを感じる場合があります。さらに施術部分が色素沈着していると、メラニンが多いため、レーザーが反応しやすくなり、痛みを感じることも。

もし脱毛時の痛みが怖く感じるようであれば、麻酔を使ってくれるクリニックやサロンを選ぶとよいでしょう。渋クリでも表面麻酔の対応を行っているため、痛み抑えた施術が可能です。

痔や生理中でも施術してもらえるの?

痔や生理中の施術の対応はクリニック・サロンによって異なります。衛生上、生理の時は脱毛できないところが多いでしょう。

経血の問題だけでなく、生理中はホルモンバランスが不安定ですので、肌も非常にデリケートな状態。そのため、肌荒れや乾燥などが起きやすくなっている上、施術も痛みを感じやすくなっているのです。

また、痔は種類により対応が異なる場合も。イボ痔なら施術可能なところもありますが、切れ痔は基本的に断られることが多くあります。脱毛を希望する場合には、先に痔の治療を行っておくと良いでしょう。

Oライン脱毛して自信に満ちた生活を!

Oライン脱毛の基礎知識についてご紹介しました。

Oライン脱毛は、気になるお尻の臭いやかぶれを抑え、日々気持ちよく過ごさせてくれます。人に見られる部位でもないことから、施術に対しては、どうしても恥ずかしさを覚えることもあるでしょう。

ただ、お届けした通り、抵抗なく施術を行えるよう、各クリニック・サロンでは対策を練っています。さらに痛みなど気になる部分への対応もされています。

その他疑問についても、実際に問い合わせてみることで以外にもあっさり解決するかもしれません。一度気になりだしたら、なかなか克服することのできないOラインのムダ毛の悩み、いち早く解消してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事を読んだ方に!
オススメの医療脱毛記事

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-11-0811

東京都渋谷区宇田川町22-2fe

渋谷西村總本店ビル4F

駅徒歩1分 平日23時まで

0120-77-7007

東京都新宿区新宿3-23-1

都里一ビル2F

駅徒歩3分 平日23時まで

0120-96-3720

東京都豊島区南池袋2-27-8

南水ビル7F

駅徒歩4分 平日20時まで

0120-15-4282

神奈川県横浜市西区南幸2-11-1

横浜MSビル7F

駅徒歩0分 平日20時まで

0120-88-0401

東京都港区新橋2-18-9

第3光和ビル4F

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の
専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには

日本美容外科学会,国際形成外科学会会員,

日本美容皮膚科学会会員,日本抗加齢医学会会員,

日本形成外科学会 形成外科専門医,麻酔科標榜医,
日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医

等が在籍しており、医師監修のもと運営を行っております

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長
楊 美優

新橋院 医師
藏薗 侑人

池袋院 院長
峯岸 季清

プロフィール

渋谷院 院長
中島 透

プロフィール

渋谷院 副院長
野口 なつ美

プロフィール

新宿院 院長
野口 道男

プロフィール

横浜院 院長
松田 秀則

プロフィール

新橋院 院長
楊 美優

プロフィール

新橋院 医師
藏薗 侑人

プロフィール

渋谷美容外科クリニックのご紹介

新宿院  院長
野口 道男 医師
目次
閉じる