【医療従事者監修】ハイジニーナ脱毛とは?男性からの印象や後悔しないための脱毛知識を解説 | 渋谷美容外科クリニック

総合受付0120-355-311

渋クリは不当に金額を安く見せる表記は行ないません。
明朗な総額表記を心がけております。

【医療従事者監修】ハイジニーナ脱毛とは?男性からの印象や後悔しないための脱毛知識を解説

渋谷美容外科クリニックHOME > コラム一覧 > 【医療従事者監修】ハイジニーナ脱毛とは?男性からの印象や後悔しないための脱毛知識を解説

ハイジニーナ脱毛がどのようなものかご存知でしょうか。デリケートゾーンを衛生的にすることができると評判の脱毛法です。今回はハイジニーナ脱毛についてわかりやすく解説。合わせてメリットや男性からの評判など気になるポイントもご紹介します。

ハイジニーナ脱毛とは?

ハイジニーナ脱毛とはVIO※部分の毛を全て処理する脱毛法です。ハイジニーナとは衛生を意味する「hygiene(ハイジーン)」に由来。ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンを衛生的に保つために行われるだけでなく、身だしなみの1つとして認識されていることもあります。

※V(ビキニライン)・I(陰部付近)・O(肛門周辺)の略称

ハイジーナ脱毛とVIO脱毛の違い

ハイジニーナ脱毛とよく似た言葉に「VIO脱毛」がありますが、意味はほぼ同じです。強いてあげるなら、2つの違いは脱毛の度合いです。VIO脱毛がデリケートゾーンの毛を加減して処理できるのに対し、ハイジニーナ脱毛は毛を全てなくしてしまいます。

しかし、受けることのできるサービス内容についてはどちらもほぼ同じであることが多いです。「ハイジニーナ脱毛でVラインだけを残す」「VIO脱毛で全ての毛を無くす」といったことも可能。どちらのサービスであっても、脱毛範囲については相談で自由に設定できるのが一般的です。

ハイジニーナ脱毛5つのメリット

ハイジニーナ脱毛をすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?次にハイジニーナ脱毛のメリットを5つご紹介します。

セルフケアによる黒ずみなどの肌トラブル防止

ハイジニーナ脱毛はセルフケアによる黒ずみを防止できます。デリケートゾーンは肌が薄い箇所です。慣れない自己処理はトラブルを引き起こしかねません。自己処理を続けていくと、黒ずみの原因である色素沈着を起こしてしまう可能性があります。また自己処理は黒ずみだけでなく、埋没毛や肌を傷めてしまう危険性も。

こうした心配をさけるには、やはりプロに任せることです。そのため、トラブルを心配せずに安心して脱毛できるのはハイジニーナ脱毛の大きなメリットです。

デリケートゾーンを衛生的に保てる

ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンを衛生的にしてくれます。下着の中は通気性が悪く、ムダ毛が多いとどうしてもムレやすくなってしまうものです。ハイジニーナ脱毛によってムダ毛を無くすことで、雑菌の繁殖やにおい、かゆみを抑えることができます。

また、生理中にデリケートゾーンを衛生的に保てるのも嬉しいところ。生理中は体毛に排泄物だけでなく、経血も付着したままになる危険性があり、デリケートゾーンのトラブルが起きやすいタイミングです。こうしたリスクを少なくできるのもハイジニーナ脱毛のメリットでしょう。

ファッションを楽しめる

デリケートゾーンのムダ毛を無くすことでファッションの幅も広がります。ムダ毛が気になるとデザイン性の高い下着や水着を戸惑ってしまうもの。ハイジニーナ脱毛は基本的にデリケートゾーンの毛を全てなくします。そのためムダ毛がはみ出てしまう心配がありません。

出産後のトラブル予防につながる

出産時に会陰(えいん)切開する場合、ハイジニーナ脱毛を済ませていると傷口を清潔に保てるため、傷口の炎症やかぶれの予防につながります。
また、出産後は育児が忙しく、どうしても自分のお手入れが後回しになりがちです。あらかじめハイジニーナ脱毛を済ませていると、デリケートゾーンのお手入れに割く時間も節約できます。

介護といった長期的なメリットがある

衛生的なハイジニーナ脱毛は介護の場面でもメリットが。排泄物やウォッシュレットの水が毛に残ることがないため、とても衛生的。排泄物で汚れてしまっても簡単に拭き取ることができます。そのため介護をする側とされる側の負担が減ります。

しかし注意が必要なのはアンダーヘアが白髪になってしまうとレーザー脱毛が難しくなってしまうことです。そのため介護に備える場合、ハイジニーナ脱毛を早めにおこなう必要があります。

ハイジニーナ脱毛の男性からの評判は?

ハイジニーナ脱毛のメリットを紹介してきましたが、気になるのはやはり男性からの評判ではないでしょうか?

実際のところ、アンダーヘア脱毛に対して男性の印象はマチマチ。
パートナーの印象が気になる方は、ハイジニーナ脱毛をする前に相談してみましょう。実際に話してみると、「抵抗がない」「好ましい」などの反応が返ってくるかもしれません。

おすすめプラン

ハイジニーナ脱毛している女性の割合は?

デリケートゾーンの脱毛はかつての日本ではあまり一般的ではありませんでした。そのため実際ハイジニーナ脱毛を行っている女性がどれくらいいるのかもはっきりとした数字はありません。しかし、世界中のトレンドを把握できる最近では、若い人を中心にハイジニーナ脱毛への興味が高まっていることが分かっています。

ハイジニーナ脱毛で後悔しないための注意点

ハイジニーナ脱毛をする前に、いくつか注意する点があります。脱毛した後になって後悔してしまわないようにしっかりとチェックしましょう。

アンダーヘアを全て脱毛すると元に戻すのは難しい

ハイジニーナ脱毛をすると再び元の状態に戻すことは難しいと言えます。そのため、将来形を変えたいと思っても変えにくいので要注意。自分のライフスタイルを見据えてハイジニーナ脱毛をしましょう。

施術で痛みを感じる場合がある

デリケートゾーンは皮膚が薄く、毛が太いという特長があります。そのため、人によっては痛みを感じることも。もしも痛みが心配な場合、笑気麻酔や麻酔クリームを使うこともできます。しかし、麻酔薬自体は医療脱毛でしか使えません。痛みを最大限緩和したい場合は医療脱毛がおすすめです。

生理中は施術が受けられないことがある

クリニック・サロンによっては生理中の施術ができないことがあります。また生理中は肌が敏感になる時期です。そのため赤みが強く出てしまったり、痛みを強く感じてしまったりすることも。「生理中でも脱毛したい」「生理だから予約を変更したい」といった方はこうした希望に沿ってくれるクリニックやサロンを選んでみましょう。

ハイジニーナ脱毛は施術前のセルフケアが必要?

ハイジニーナ脱毛をする場合、施術前のケアが必要です。そのため渋谷美容外科クリニックでは無料シェービングサービスをおこなっています。

しかし、クリニックやサロンによっては施術前にアンダーヘアをセルフケアしなくてはいけません。もしセルフケアをしなくてはいけない場合、IラインとOラインに注意しましょう。自分では見えにくい部分なので、肌を傷つけやすいです。もしセルフケアに不安があるという方はシェービングサービスがあるクリニックやサロンを選ぶのがおすすめです。

自分でハイジニーナ脱毛はできる?

自己処理でハイジニーナ脱毛を全て行うのはおすすめできません。クリニックやサロンで施術を受けるのは恥ずかしいため、自己処理で済ませたいという方もいるかもしれません。しかし、デリケートゾーンは肌トラブルが起こりやすい箇所です。毛抜きや剃刀を使用すると肌荒れや炎症を起こす場合があります。
安全とされている家庭用脱毛器であっても、肌トラブルが起こる可能性は捨てきれません。デリケートゾーンは自分で見えにくい箇所であるため、納得のいく仕上がりにするのも難しいでしょう。

クリニックでのハイジニーナ脱毛の期間・回数

ハイジニーナ脱毛はVIOのデリケートゾーンをすべて脱毛するため、他の脱毛よりやや時間がかかります。一般的には期間は1年ほど、回数は6回~12回ですが、毛質や毛量によっても変動します。

ハイジニーナ脱毛をクリニックで行う場合、医療レーザーでの脱毛がよく選ばれます。クリニックでのみ施術が許される医療レーザー脱毛は、毛根を破壊する半永久的な脱毛方法です。
ただし医療レーザー脱毛は、脱毛箇所の毛の成長具合や部位による毛の性質によって効果の度合いが変わります。そのため、複数部位を脱毛する場合は一定期間、定期的に施術を行う必要があります。毛の成長スピードは1本ずつ異なるからです。

クリニックとエステサロンのハイジニーナ脱毛の違い

クリニックとエステサロンでは脱毛方法や脱毛にかかる期間に違いがあります。

クリニック エステサロン
脱毛方法 医療レーザー脱毛 光脱毛
完全脱毛にかかる期間 約1年 約3年
回数 6回~ 12回~
効果 半永久的 一定期間後生えてくる可能性が高い
痛み 比較的強いが麻酔が使える 比較的穏やか

クリニックで行う医療レーザー脱毛は、国家資格のある医師、看護師のみに可能な施術です。また、痛み緩和の麻酔も医師、看護師にしか行えません。
それぞれのメリット・デメリットを知って、自分に合った方法を選びましょう。

後悔しないハイジニーナ脱毛で快適な生活を

今回はハイジニーナ脱毛の注意点やメリットを紹介しました。「アンダーヘアを無くすと元に戻すのは難しい」と言われると施術するか悩んでしまう方もいるかもしれません。しかしハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンを快適にしてくれるだけでなく、ファッションをもっと楽しくしてくれます。もしお悩みのようであれば、まずはクリニックやサロンに相談してみましょう。

渋谷美容外科クリニックのご紹介

渋谷院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

渋谷院  院長

中島 透 医師

1997年 千葉大学医学部卒業
1998年 東京厚生年金病院麻酔科臨床研修医
1999年 千葉県救急医療センター集中治療科勤務
2000年 千葉大学医学部付属病院形成外科勤務
2004年 君津中央病院形成外科勤務
2005年 千葉大学大学院修了 医学博士号取得
2006年 千葉労災病院形成外科医長
2008年 渋谷美容外科クリニック立川院 院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック渋谷院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
  • 日本法医学会会員
渋谷院地図
住所
東京都渋谷区渋谷1-14-9
藤和宮益坂ビル8・9F
渋谷駅東口徒歩1分
診療時間
月・木・金(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・水
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新宿院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新宿院  院長

野口 道男 医師

1993年 埼玉医科大学卒業
1993年 埼玉医科大学総合医療センター形成外科学入局
1995年 神奈川美容外科クリニック
1998年 好生堂クリニック開業
2014年 渋谷美容外科クリニック新宿院 院長就任
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本マイクロサージェリー学会
新宿院地図
住所
東京都新宿区新宿3-23-1
都里一ビル2F
新宿駅東口徒歩1分
診療時間
月・水(祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
火・木・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

池袋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

池袋院  院長

峯岸 季清 医師

2003年 日本大学医学部医学科卒業
2003年 日本大学医学部付属病院麻酔科入局
2005年 昭和大学病院形成外科入局昭和大学病院関連病院に勤務
2013年 渋谷美容外科クリニック横浜院 副院長就任
2014年 渋谷美容外科クリニック池袋院 院長就任
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本創傷外科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
池袋院地図
住所
東京都豊島区南池袋2-27-8
南水ビル7F
池袋駅東口徒歩3分
診療時間
月・火・水・金
:11:00~14:00 15:00~20:00
木(すべて祝日をのぞく)
:11:00~14:00 15:00~23:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

横浜院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

横浜院  院長

松田 秀則 医師

1989年 香川医科大学医学部卒業
1993年 国際形成外科学会賞受賞
(端側神経縫合による神経再生に関する研究)
2003年 久保田潤一郎クリニック
2007年 日本美容外科学会 特別賞受賞
(PRP注入による顔面老化皮膚再生の可能性)
2009年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
2016年 渋谷美容外科クリニック横浜院 院長就任
  • 医学博士
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 国際形成外科学会会員
  • NPO法人 日本アンチエイジング医療協会理事
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会会員
横浜院地図
住所
神奈川県横浜市西区南幸2-11-1
横浜MSビル7F
横浜駅みなみ西口徒歩4分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

新橋院

丁寧でわかりやすいカウンセリング

新橋院  院長

楊 美優 医師

2014年 秋田大学医学部医学科卒業
2014年 大学病院形成外科院 勤務
2017年 渋谷美容外科クリニック横浜院 勤務
  •  
新橋院地図
住所
東京都港区新橋2-18-9
第3光和ビル4F(くすりの福太郎内)
新橋駅銀座口徒歩0分
診療時間
月~金
:11:00~14:00 15:00~20:00
土・日・祝
:10:00~14:00 15:00~19:00

最新記事

医師監修について

渋谷美容外科クリニックには様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています。

渋谷美容外科クリニックには、日本形成外科学会 形成外科専門医、麻酔科標榜医、
日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本美容外科学会、
国際形成外科学会会員、日本頭蓋顎顔面外科学会会員など様々な科目の専門医等が
在籍しており、監修のもと運営を行っております。

池袋院 院長 峯岸 季清

池袋院 院長
峯岸 季清

渋谷院 院長 中島 透

渋谷院 院長
中島 透

渋谷院 副院長 野口 なつ美

渋谷院 副院長
野口 なつ美

新宿院 院長 野口 道男

新宿院 院長
野口 道男

横浜院 院長 松田 秀則

横浜院 院長
松田 秀則

新橋院 院長 楊 美優

新橋院 院長
楊 美優